国試103回 問106~110



106

 

生体において解糖や糖新生は、アルドラーゼにより触媒される可逆過程(アルドール反応及び逆アルドール反応)を含む。

Aの構造式として正しいのはどれか。1つ選べ。ただし、構造式はすべて鎖状構造を示している。

 

 

 

この問題の解説へ

 


 

107

 

図は、ある化合物の1HNMRスペクトル(300MHzCDCl3、基準物質はテトラメチルシラン(TMS))である。この化合物の構造式はどれか。1つ選べ。

なお、イのシグナルは一重線であり、エのシグナルはヒドロキシ基のプロトンに由来する。

 

 

 

この問題の解説へ

 


 

108

 

天然物AEの生合成に関する記述のうち、正しいのはどれか。2選べ。

 

 

1Aは、シキミ酸経路と酢酸-マロン酸経路の複合経路で生合成される。

2Bは、酢酸-マロン酸経路とイソプレノイド経路の複合経路で生合成される。

3Cは、イソプレノイド経路で生合成される。

4Dは、シキミ酸経路で生合成される。

5Eは、トリプトファン由来のアミノ酸経路とイソプレノイド経路の複合経路で生合成される。

 

 

この問題の解説へ

 


 

109

 

生薬の基原と用途に関する記述のうち、正しいのはどれか。2選べ。

 

1.キョウニン及びトウニンは、いずれもバラ科植物の種子を基原とし、駆瘀血薬として用いる。

2.トウキ及びセンキュウは、いずれもセリ科植物の葉を基原とし、それぞれ補血薬及び駆瘀血薬として用いる。

3.ショウキョウ及びカンキョウは、いずれもショウガ科植物ショウガの根茎を基原とするが、加工法が異なっており、薬効にも違いが認められる。

4.ニンジン及びコウジンは、いずれもセリ科植物オタネニンジンの根を基原とし、補気薬として用いる。

5.ソウジュツ及びビャクジュツは、いずれもキク科植物の根茎を基原とし、利水薬として用いる。

 

 

この問題の解説へ

 


 

110

 

図は、腎臓のネフロンの概略を示している。

健常人の腎臓における体液調節に関与する部位ア~オについての記述のうち、正しいのはどれか。2選べ。

 

 

1.アは、主に腎臓の髄質部に局在している。

2.イでは、炭酸脱水酵素が関与してHCO3が原尿中に分泌される。

3.ウでは、管腔内の水が受動的に再吸収される。

4.エでは、NaClが管腔内から間質液中へ輸送される。

5.オに分布するNa/K交換系は、アルドステロンにより抑制される。

 

 

この問題の解説へ

 


 

前の問題・・106~110の解説・・次の問題

 

前の解説・・目次に戻る・・次の解説