国試103回 解説109



109

 

生薬の基原と用途に関する記述のうち、正しいのはどれか。2選べ。

 

1.キョウニン及びトウニンは、いずれもバラ科植物の種子を基原とし、駆瘀血薬として用いる。

2.トウキ及びセンキュウは、いずれもセリ科植物の葉を基原とし、それぞれ補血薬及び駆瘀血薬として用いる。

3.ショウキョウ及びカンキョウは、いずれもショウガ科植物ショウガの根茎を基原とするが、加工法が異なっており、薬効にも違いが認められる。

4.ニンジン及びコウジンは、いずれもセリ科植物オタネニンジンの根を基原とし、補気薬として用いる。

5.ソウジュツ及びビャクジュツは、いずれもキク科植物の根茎を基原とし、利水薬として用いる。

 

 

正解 (3)(5)

 

選択肢 1 ですが

トウニンについては正しい記述です。

 

キョウニンについては

バラ科種子が基原ですが

鎮咳去痰薬として用いられます。

駆瘀血薬ではありません。

よって、選択肢 1 は誤りです。

 

 

選択肢 2 ですが

トウキは根、センキュウは根茎が基原です。

ともに「葉」ではありません。

他は正しい記述です。

よって、選択肢 2 は誤りです。

 

 

選択肢 3 は、正しい記述です。

生がショウキョウ

蒸して乾燥させたものがカンキョウです。

 

 

選択肢 4 ですが

セリ科ではなく、ウコギ科です。

他は正しい記述です。

よって、選択肢 4 は誤りです。

 

 

選択肢 5 は、正しい記述です。

 

 

以上より、正解は 3,5 です。