国試103回 解説110



110

 

図は、腎臓のネフロンの概略を示している。

健常人の腎臓における体液調節に関与する部位ア~オについての記述のうち、正しいのはどれか。2選べ。

 

 

1.アは、主に腎臓の髄質部に局在している。

2.イでは、炭酸脱水酵素が関与してHCO3が原尿中に分泌される。

3.ウでは、管腔内の水が受動的に再吸収される。

4.エでは、NaClが管腔内から間質液中へ輸送される。

5.オに分布するNa/K交換系は、アルドステロンにより抑制される。

 

 

正解 (3)(4)

 

選択肢 1 ですが

アは、腎小体です。

主に腎臓の皮質部に局在します。

髄質部では、ありません。

よって、選択肢 1 は誤りです。

 

 

選択肢 2 ですが

イは、近位尿細管です。

近位尿細管では、炭酸脱水酵素が関与して

原尿中に H+ が原尿中に分泌されます。

HCO3-では、ありません。

よって、選択肢 2 は誤りです。

 

※アセタゾラミドのような

炭酸脱水酵素「阻害」薬により

尿がアルカリに傾く ということから

 

炭酸脱水酵素の関与により

原尿中に分泌されているのは H

推測すればよいと考えられます。

 

 

選択肢 3,4 は、正しい記述です。

それぞれウはヘンレのループ、エは遠位尿細管についての記述です。

 

 

選択肢 5 ですが

アルドステロンの作用は

Na+/K+ 交換系による

Na+再吸収の「促進」です。

抑制ではありません。

よって、選択肢 5 は誤りです。

 

(ちなみに

Na+再吸収をたくさんすれば

尿は減ります。

 

「抗」アルドステロン薬が

利尿薬として用いられる点から

推測できる内容と考えられます。)

 

以上より、正解は 2,3 です。

 

 

参考 生化(1)1-8 1)