国試103回 解説111



111

 

呼吸器に関する記述のうち、誤っているのはどれか。1つ選べ。

 

1.肺は、右が3葉、左が2葉に分かれている。

2.呼吸筋は、運動神経支配の骨格筋である。

3.胸腔内は、外気圧に比べて陰圧に保たれている。

4.吸息時には、横隔膜が弛緩し、胸腔の容積が増大する。

5.呼息時には、外肋間筋が弛緩し、胸腔の容積が減少する。

 

 

正解 (4)

 

選択肢 1~3,5 は、正しい記述です。

 

 

主な呼吸筋は

横隔膜 と肋間筋 です。

 

これらの筋肉が収縮することによって

胸腔が広がります。

その結果、胸腔内圧が下がります。

PV一定だからです。

そして、空気が吸われます。

 

よって、選択肢 4 は誤りです。

 

正しい表現の一例は

吸息時には、横隔膜が「収縮」し

胸腔の容積が増大する となります。

 

 

参考 生化(1) 1-6 1)