国試103回 解説113


113

 

図に示すグリコーゲン代謝及び解糖系(一部)に関する記述のうち、正しいのはどれか。2選べ。

 

 

1.反応①において、グルコース1-リン酸は、グリコーゲンの加水分解により生じる。

2.反応②によるグルコース6-リン酸の生成では、ATPが消費される。

3.反応③では、ADPからATPが産生される。

4.反応④を触媒する酵素は、肝臓に存在するが、骨格筋には存在しない。

5.反応⑤を触媒する酵素の活性は、細胞内に過剰に蓄積したATPにより阻害される。

 

 

正解 (4)(5)

 

選択肢 1 ですが

グリコーゲンから G1P の生成は

グリコーゲンホスホリラーゼによる

リン酸との反応により生じます。

従って、加水分解ではありません。

よって、選択肢 1 は誤りです。

 

 

選択肢 2 ですがG1P→G6P

ホスホグルコムターゼにより変換されます。

異性化酵素の一種による反応で

ATPは消費されません。

よって、選択肢 2 は誤りです。

 

 

選択肢 3 ですが

グルコースからG6Pの生成では

ATPを用います。

つまり、ATPからADPが産生されます。

よって、選択肢 3 は誤りです。

 

 

選択肢 4,5 は、正しい記述です。

 

 

 

以上より、正解は 4,5 です。

 

 

参考 生化(2) 3-3 1)