国試103回 解説114



114

 

ヒトにおけるプリンヌクレオチドの分解過程に関する記述のうち、正しいのはどれか。2選べ。

 

1.アデノシンをイノシンに変換する酵素の遺伝的欠損により、免疫不全が生じる。

2.イノシンをヒポキサンチンに変換する過程で、ATPが消費される。

3.グアノシン一リン酸(GMP)は、ヒポキサシチンを経てキサンチンに代謝される。

4.キサンチンが尿酸に変換される過程で、過酸化水素が生成される。

5.尿酸は、二酸化炭素とアンモニアに分解されて排泄される。

 

 

正解 (1)(4)

 

選択肢 1 は、正しい記述です。

アデノシンデアミナーゼ(ADA)欠損症のことです。

 

 

選択肢 2 ですが

ATPは消費されません。

よって、選択肢 2 は誤りです。

 

 

選択肢 3 ですが

GMP→グアノシングアニンキサンチンと代謝されます。

ヒポキサンチンを経ることはありません。

よって、選択肢 3 は誤りです。

 

 

選択肢 4 は、正しい記述です。

 

 

選択肢 5 ですが

ヒトのプリン最終分解産物は尿酸です。

尿酸が尿に排泄されます。

さらに分解されるわけではありません。

よって、選択肢 5 は誤りです。