国試103回 解説116



116

 

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)に関する記述のうち、正しいのはどれか。2選べ。

 

1HIVは、ゲノムとして二本鎖RNAをもつ。

2HIVは宿主細胞表面のToll様受容体に結合し、細胞内に侵入する。

3.ウイルスがもつ逆転写酵素により生成したDNAは、宿主細胞の染色体に組み込まれる。

4.ウイルス表面に発現するノイラミニダーゼが、宿主細胞への吸着に必要である。

5HIVは、CD4陽性T細胞に感染する。

 

 

正解 (3)(5)

 

選択肢 1 ですが

HIV 

「一本鎖RNA」をゲノムとして保有するウイルスです。

二本鎖ではありません。

よって、選択肢 1 は誤りです。

 

 

選択肢 2 ですが

HIVは、細胞表面のCD4という糖タンパク質に結合します。

Toll様受容体ではありません。

よって、選択肢 2 は誤りです。

 

ちなみに

Toll 様受容体とは、動物の細胞表面にある受容体で

自然免疫機構における、異物の感知を担っています。

好中球、マクロファージ、樹状細胞などで発現しています。

ちなみに、Toll はドイツ語で規格はずれなの意味とのことです。

 

 

選択肢 3 は、正しい記述です。

 

 

 

選択肢 4 ですが

ノイラミニダーゼは

「インフルエンザウイルス」が保有する酵素です。

ウイルス増殖プロセスの中でも遊離する際に

細胞表面の糖タンパク質を切断する役割を持つ酵素です。

よって、選択肢 4 は誤りです。

 

 

選択肢 5 は、正しい記述です。

 

 

 

以上より、正解は 3,5 です。


追加したガジェットは無効です