国試103回 解説117



117

 

結核菌に関する記述のうち、正しいのはどれか。2選べ。

 

1.結核菌は、外毒素を菌体外へ分泌する。

2.結核菌の細胞壁には、ペプチドグリカンやミコール酸が存在する。

3.気道から侵入した結核菌は、肺で肺胞マクロファージに貪食され、そのマクロファージ内で増殖する。

4.結核菌感染の既往の有無を調べるためのツベルクリン反応は、典型的なⅡ型アレルギーである。

5.結核予防に用いられている生ワクチンBCG株は、ヒト型結核菌の弱毒株である。

 

 

正解 (2)(3)

 

選択肢 1 ですが

結核菌は、外毒素を分泌しません。

※ただし、結核菌はグラム陽性菌の一種である

抗酸菌に属します。意識して覚えておくとよいです。

 

 

選択肢 2,3 は、正しい記述です。

ミコール酸の存在については

抗結核菌薬であるイソニアジドのメカニズムが

ミコール酸の生合成阻害である点からも

判断できるのではないでしょうか。

 

また、結核菌はマクロファージ内で増殖 

というのはぜひ覚えておくとよいです。

 

 

選択肢 4 ですが

ツベルクリン反応は、Ⅳ型アレルギー反応です。

Ⅱ型ではありません。

よって、選択肢 4 は誤りです。

 

ちなみに

Ⅱ型は細胞傷害型、細胞融解型です。

代表例は、溶血性貧血などです。

 

 

選択肢 5 ですが

BCGは、ウシ型結核菌の弱毒株です。

ヒト型ではありません。

よって、選択肢 5 は誤りです。

 

 

以上より、正解は 2,3 です。


追加したガジェットは無効です