国試103回 解説118



118

 

サイトカインに関する記述のうち、正しいのはどれか。2選べ。

 

1IFN-γ(インターフェロン-γ)は、マクロファージを活性化して、その貪食能を増強させる。

2.エリスロポエチンは、主に脾臓で生合成・分泌される。

3IL2(インターロイキン-2)は、キラーT細胞の増殖及び分化を抑制する。

4IL4(インターロイキン-4)は、Th0細胞(0型ヘルパーT細胞)からTh1細胞(1型ヘルパーT細胞)への分化を促進する。

5TGF-β(トランスフォーミング増殖因子-β)は、免疫抑制作用を示す。

 

 

正解 (1)(5)

 

サイトカインとは

免疫系細胞から分泌されるタンパク質の総称です。

 

 

選択肢 1 は、正しい記述です。

 

 

選択肢 2 ですが

エリスロポエチンは

腎臓で産生される糖タンパク質です。

脾臓ではありません。

よって、選択肢 2 は誤りです。

 

 

選択肢 3,4 ですが

インターロイキンとは

白血球により分泌される

サイトカインの一種です。

 

その中で

インターロイキン2は

T細胞、B細胞、NK細胞などを

「活性化」させる作用を持ちます。

 

また

インターロイキン 4 

Th2」 細胞への分化に

大きく寄与するとされています。

 

よって、選択肢 3,4 は誤りです。

 

 

選択肢 5 は、正しい記述です。

 

 

 

以上より、正解は 1,5 です。

 

 

類題 99-119


追加したガジェットは無効です