国試103回 解説125



125

 

表は、我が国における1995年と2015年の年齢三区分別人口構成割合及び2035年における予測値を示したものである。

以下の記述のうち、正しいのはどれか。2選べ。

 

 

1.年少人口割合と老年人口割合の和は、従属人口割合となる。

2.この表から求められる老年人口割合の倍化年数は、20年より短い。

31995年から2015年にかけて、老年化指数は2倍以上上昇している。

42015年における老年人目指数は50を上回る。

52035年に予測される年少人口指数は15を下回る。

 

 

正解 (1)(3)

 

選択肢 1 は、正しい記述です。

従属人口割合=年少+老年人口割合 です。

 

 

選択肢 2 ですが

1995年から2015年の 20 年かけて

15 % → 27 % と変化しています。

倍までは増加してません。

倍化年数は 20 年より長いとわかります。

よって、選択肢 2 は誤りです。

 

 

選択肢 3 は、正しい記述です。

老年化指数とは

老年人口(65歳以上人口)を

年少人口(14歳以下人口)で割って

100 を掛けたものです。

 

老年人口割合を年少人口割合で割って

100を掛けても求めることができます。

 

1995 年は、15/16 × 100 です。

これは 100 より 少し小さい値です。

 

2015 年は、 27/13 × 100

これは 200 より 少し大きい値です。

 

従って、2倍以上上昇しています。

 

 

選択肢 4 ですが

老年人口指数とは

老年人口/生産年齢人口 × 100 です。

つまり 27/60 × 100 です。

これは 50 を下回ります。

よって、選択肢 4 は誤りです。

 

 

選択肢 5 ですが

年少人口指数とは

年少人口/生産年齢人口 × 100 です。

つまり 10/57 × 100 です。 

1/6 × 100  17% 弱なので

10/57 × 100 は、15% を明らかに上回ります。

よって、選択肢 5 は誤りです。

 

 

以上より、正解は 1,3 です。

 

 

類題 100-18


追加したガジェットは無効です