国試103回 解説136



136

 

食物連鎖及び生物濃縮に関する記述のうち、正しいのはどれか。2選べ。

 

1.食物連鎖における高次消費者の個体数は、一次消費者の個体数に比べて多い。

2.食物連鎖の結果、有毒渦鞭毛藻を摂食した貝類が麻痺性貝毒を蓄積し、ヒトに中毒を起こすことがある。

3.生物濃縮には、直接濃縮と間接濃縮があり、前者には食物連鎖の関与が大きい。

4.生物濃縮の程度を示す指標である濃縮係数は、化学物質の環境中濃度を化学物質の生体内濃度で除した値である。

5PCB(ポリ塩化ビフェニル)DDT(ジクロロジフェニルトリクロロエタン)は、いずれも脂肪組織に移行して残留しやすい性質を有し、海洋生態系において大型魚類に蓄積される。

 

 

正解 (2)(5)

 

選択肢 1 ですが

食物連鎖とは

食うー食われるの関係系列です。

 

高次消費者ほど

個体数は原則として少ないです。

よって、選択肢 1 は誤りです。

 

 

選択肢 2 は、正しい記述です。

代表例としては

毒成分サキシトキシンです。

ホタテ貝等の二枚貝に毒が蓄積されています。

 

 

選択肢 3 ですが

食物連鎖を介する濃縮が

間接濃縮です。

 

直接濃縮は

例えば呼吸で継続的に

有害物質を取り込み蓄積する

といった濃縮のことです。

 

よって、選択肢 3 は誤りです。

 

 

選択肢 4 ですが

濃縮係数は

「物質の生体内濃度

÷物質の環境中濃度」です。

 

割る数と割られる数が逆です。

よって、選択肢 4 は誤りです。

 

 

選択肢 5 は、正しい記述です。

PCBDDT 共に

第一種特定化学物質です。

 

 

以上より、正解は 2,5 です。

 

 

参考 衛生(1) 1-3 3)

類題 97-137,99-21


追加したガジェットは無効です