国試103回 解説137



137

 

水道原水の塩素要求量を求めるために、純水及び試料に同量の次亜塩素酸塩を添加し、暗所で一定時開放置後にジエチル-p-フェニレンジアミン(DPD)法によって残留塩素を比色定量したところ、表の結果が得られた。

この結果から求められるこの水道原水の塩素消費量(mg/L)と塩素要求量(mg/L)として、最も適切な数値の組合せはどれか。1つ選べ。

 

 

 塩素消費量 塩素要求量

10.45    0.80

20.45 1.15

30.80 0.45

40.80 1.15

51.15 0.45

61.15 0.80

 

 

正解 (2)

 

塩素消費量とは

残留塩素濃度が上昇し始める

塩素注入量のことです。

 

塩素消費量までの区間においては

塩素を消費する成分(鉄分など。)

に対する塩素消毒が行われています。

そのため、残留塩素が増えません。

 

表によれば塩素注入量が

0.40 までは 0 

0.60 の時 0.15 となっているため

その間が塩素消費量です。

従って、正解は 1,2 のどちらかと絞れます。

 

 

一方、塩素要求量とは

遊離残留塩素が上昇し始める

塩素注入量のことです。

 

表によれば塩素注入量が

1.00 までは 0 

1.20 の時に 0.05 になっているので

その間が塩素要求量です。

 

 

以上より、正解は 2 です。

 

 

類題 97-138


追加したガジェットは無効です