国試103回 解説144



144

 

薬剤師の業務に関する記述のうち、正しいのはどれか。2選べ。

 

1.処方された医薬品を備蓄していなかったので、調剤を拒否した。

2.患者から薬袋不要の申出があったので、調剤した薬剤だけを交付した。

3.処方箋を交付した医師の同意を得て薬剤を変更して調剤した。

4.処方箋に発行の年月日の記載がなかったが調剤した。

5.薬剤師免許証を紛失し、再交付申請中であるが、調剤した。

 

 

正解 (3)(5)

 

選択肢 1 ですが

薬剤師法第 21 条により

調剤の応需義務があります。

正当な理由なく拒否できません。

 

そして備蓄していない

というのは正当な拒否理由にはなりません。

よって、選択肢 1 は誤りです。

 

 

選択肢 2 ですが

薬剤師法第 25 条により

「薬剤の容器又は被包に

処方せんに記載された患者の氏名、用法、用量

その他・・・を記載しなければ」なりません。

 

従って

調剤した薬剤のみを交付してはいけません。

よって、選択肢 2 は誤りです。

 

 

選択肢 3 は、正しい記述です。

 

 

選択肢 4 ですが

処方せんの有効期限が

切れている可能性があります。

疑義照会を行い

有効期限を確認しなければなりません。

よって、選択肢 4 は誤りです。

 

 

選択肢 5 は、正しい記述です。

 

公的な薬剤師登録名簿を確認することで

免許証がなくても薬剤師であることは確認できるため

再交付申請中であっても調剤して問題がないと考えられます。

 

 

以上より、正解は 3,5 です。


追加したガジェットは無効です