国試103回 解説145



145

 

麻薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。2選べ。

 

1.ジアセチルモルヒネを輸入する場合、その都度、都道府県知事の許可を得なければならない。

2.麻薬処方箋には、麻薬施用者の免許証の番号が記載されていなければならない。

3.麻薬を用いた研究を行うには、都道府県知事から麻薬研究者の免許を受けなければならない。

4.ジヒドロコデインリン酸塩を10%含有する散剤は家庭麻薬に該当する。

5.治療のため、麻薬を施用中の患者が外国に旅行する場合、麻薬の輸出ができないため処方変更が必要になる。

 

 

正解 (2)(3)

 

選択肢 1 ですが

ジアセチルモルヒネは、別名ヘロインです。

特に厳しい規制が敷かれている麻薬です。

何人も輸出入禁止です。

よって、選択肢 1 は誤りです。

 

 

選択肢 2,3 は、正しい記述です。

 

 

選択肢 4 ですが

%「以下」のジヒドロコデインは

家庭麻薬という分類です。

※紛らわしいが、麻薬ではない。

 

従って、10% 含有であれば

家庭麻薬ではありません。

ちなみに、麻薬に該当します。

よって、選択肢 4 は誤りです。

 

 

選択肢 5 ですが

事前に麻薬携帯輸出許可を得る

必要があります。

処方変更が必要になるわけではありません。

よって、選択肢 5 は誤りです。

 

 

以上より、正解は 2,3 です。

 

 

参考 法規まとめ 1-3 1)


追加したガジェットは無効です