国試103回 解説152



152

 

交感神経系に作用する薬物に関する記述のうち、正しいのはどれか。2選べ。

 

1.エフェドリンは、交感神経終末からノルアドレナリンを遊離させるほか、アドレナリン受容体を直接刺激する。

2.ミドドリンは、末梢血管平滑筋のアドレナリンα1受容体を刺激することで血圧を上昇させる。

3.クロニジンは、中枢神経系のアドレナリンα2受容体を遮断することで交感神経終末からのノルアドレナリン遊離を抑制する。

4.ミラベグロンは、膀胱平滑筋(排尿筋)のアドレナリンβ3受容体を遮断することで蓄尿機能を高める。

5.カルベジロールは、Kチャネル開口作用とアドレナリンβ受容体遮断作用によって、血圧を低下させる。

 

 

正解 (1)(2)

 

選択肢 1,2 は、正しい記述です。

 

 

選択肢 3 ですが

クロニジンは、α2 受容体「刺激」薬です。

遮断するわけでは、ありません。

よって、選択肢 3 は誤りです。

 

 

選択肢 4 ですが

ミラベグロンは、β3 受容体「刺激」薬です。

遮断するわけでは、ありません。

よって、選択肢 4 は誤りです。

 

 

選択肢 5 ですが

カルベジロールは、α 遮断+β 遮断により

血圧を低下させます。

 

K+ チャネル開口ではありません。

K+ チャネル開口といえば

ニコランジルの作用機序の一つです。)

よって、選択肢 5 は誤りです。

 

 

以上より、正解は 1,2 です。

 

 

類題 96-122、97-152、101-28