国試103回 解説153



153

 

糖尿病治療薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。2選べ。

 

1.ダパグリフロジンは、尿細管のNa/グルコース共輸送体2(SGLT2)を阻害することで尿中へのグルコースの排泄を促進する。

2.ブホルミンは、AMP依存性キナーゼ(AMPK)を抑制することで肝臓における糖新生を抑制する。

3.ミグリトールは、小腸粘膜に存在するα-グルコシダーゼを阻害することで糖の消化と吸収を遅延させ、食後高血糖を抑制する。

4.ナテグリニドは、アルドース還元酵素を阻害することで細胞内ソルビトールの蓄積を抑制し、末梢神経障害を改善する。

5.リナグリプチンは、膵β細胞上のグルカゴン様ペプチド-1(GLP1)受容体を直接刺激することでインスリン分泌を促進する。

 

 

正解 (1)(3)

 

選択肢 1 は、正しい記述です。

◯◯グリフロジンと来たらSGLT2阻害薬です。

 

 

選択肢 2 ですが

ブホルミンはビグアナイド系薬です。

AMPKの活性化が作用機序の一つです。

抑制ではありません。

よって、選択肢 2 は誤りです。

 

 

選択肢 3 は、正しい記述です。

 

 

選択肢 4 ですが

記述はエパルレスタットについてです。

 

ナテグリニドは

速効性インスリン分泌促進薬です。

SU 構造は持たないのですが

SU 受容体に結合して

SU 薬と同様のメカニズムで作用します。

よって、選択肢 4 は誤りです。

 

 

選択肢 5 ですが

リラグルチドなどについての記述です。

リナグリプチンは、◯◯グリプチンなので

DPP4選択的阻害薬です。

よって、選択肢 5 は誤りです。

 

 

以上より、正解は 3 です。

 

 

参考 3-5 1)


追加したガジェットは無効です