国試103回 解説155



155

 

不整脈治療薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。2選べ。

 

1.ソタロールは、アドレナリンβ受容体遮断作用を有しているが、Kチャネル遮断作用がないため、活動電位持続時間には影響を及ぼさない。

2.アミオダロンは、Kチャネル遮断作用を有しているため、活動電位持続時間を延長させる。

3.ジソピラミドは、Naチャネル遮断作用に加えて抗コリン作用を有しているため、副作用として口渇や排尿困難を起こす。

4.リドカインは、Naチャネル遮断作用を有しているが、心室筋では不応期が短いため、効果は弱い。

5.ベプリジルは、Ca2チャネル遮断作用を有しているが、Kチャネル遮断作用がないため、QT延長を起こしにくい。

 

 

正解 (2)(3)

 

選択肢 1 ですが

ソタロールは

クラス III 群の抗不整脈薬です。

K+チャネルを遮断します。

よって、選択肢 1 は誤りです。

 

 

選択肢 2,3 は、正しい記述です。

※ジソピラミドの抗コリン作用については

知らなかった人も多いのでは・・・?

 

 

選択肢 4 ですが

心室筋は、不応期が長いです。

よって、選択肢 4 は誤りです。

 

 

選択肢 5 ですが

ベプリジルは K+ チャネルも含め

様々な受容体遮断作用を持ちます。

よって、選択肢 5 は誤りです。

 

 

以上より、正解は 2,3 です。


追加したガジェットは無効です