国試103回 解説165~169



165

 

図は、カテコールアミンの生合成・代謝経路を示している。

ただし、AEは化合物を、ア~エは酵素を示している。

パーキンソン病治療薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。2選べ。

 

 

1.ベンセラジドは、エを阻害してEの生成を抑制し、シナプス間隙でのBの濃度を上昇させる。

2.セレギリンは、イを阻害して末梢でのBの生成を抑制する。

3.エンタカポンは、ウを阻害して末梢でのDの生成を抑制する。

4.ドロキシドパは、血液-脳関門を通過し、脳内でイによりCに変換される。

5.イストラデフィリンは、アの発現上昇を介してAの生成を促進する。

 

 

正解 (3)(4)

 

生合成・代謝経路の一番上は

チロシンです。

 

アがチロシン水酸化酵素で

A L-DOPA

 

イが芳香族 L - アミノ酸脱炭酸酵素で

B DOPAC が ノルアドレナリンです。

 

ウが COMT

D 3 - O - メチルドパです。

 

エが MAO,アルデヒド酸化酵素 で

E 3,4 - ジヒドロキシフェニル酢酸(DOPAC)です。

 

 

選択肢 1 ですが

ベンセラジドは

L-DOPAの代謝酵素阻害薬です。

エを阻害ではありません。

よって、選択肢 1 は誤りです。

 

 

選択肢 2 ですが

セレギリンは

MAOB 阻害薬です。

イを阻害ではありません。

よって、選択肢 2 は誤りです。

 

 

選択肢 3,4 は、正しい記述です。

 

 

選択肢 5 ですが

イストラデフィリン(ノウリアスト)は

アデノシン A2A 受容体拮抗薬です。

 

線条体及び淡蒼球において

当該受容体を遮断することにより

 

興奮した状態にある

線条体出力細胞の働きを抑制することで

線条体出力細胞の活動を

正常な状態に近づけます。

 

レボドパ含有製剤で治療中の

パーキンソン病における

ウェアリング・オフ現象(薬が効かない時間が出てくる現象)

の改善に用いられます。

 

アの発現上昇を介して といった作用ではありません。

よって、選択肢 5 は誤りです。

 

 

以上より、正解は 3,4 です。

 


 

166

 

トランスポーターを介した薬物輸送に関する記述のうち、正しいのはどれか。2選べ。

 

1.促進拡散型トランスポーターは、電気化学ポテンシャル差を駆動力とする。

2.ミカエリス定数に比べて低い基質濃度での輸送速度は、濃度によらず一定となる。

3.ペプチドトランスポーターPEPT1によるセファレキシン輸送の駆動力は、プロトン濃度勾配である。

4.有機アニオントランスポーターOAT1によるメトトレキサート輸送は、ATPの加水分解エネルギーを駆動力として直接利用する。

5P-糖タンパク質によるシクロスポリンの輸送は、二次性能動輸送である。

 

 

正解 (1)(3)


 

選択肢 1 は、正しい記述です。

 

 

選択肢 2 ですが

トランスポーターが飽和しておらず

基質濃度が増えるほど

輸送速度は大きくなると考えられます。

よって、選択肢 2 は誤りです。

 

 

選択肢 3 は、正しい記述です。

 

 

選択肢 4 ですが

OAT1 による輸送は

ATP の加水分解を直接駆動力として利用する

一次性能動輸送ではありません。

よって、選択肢 4 は誤りです。

 

 

選択肢 5 ですが

P-gp は、一次性能動輸送により

薬物を能動的に輸送します。

二次性ではありません。

よって、選択肢 5 は誤りです。

 

 

以上より、正解は 1,3 です。

 

 

参考 薬剤学まとめ 2-1 4)

 


 

167

 

薬物の消化管吸収とバイオアベイラビリティに関する記述のうち、正しいのはどれか。2選べ。

 

1.カルバペネム系抗生物質であるメロペネムは、小腸粘膜での透過性が高いため、経口製剤として用いられる。

2.陰イオン交換樹脂であるコレスチラミンは、酸性物質であるプラバスタチンを吸着し、その吸収を阻害する。

3.経口製剤の絶対的バイオアベイラビリティは、その製剤を経口投与した際の血中濃度時間曲線下面積(AUC)を、等量の同一薬物を静脈内投与した際のAUCで除したものに等しい。

4.小腸において、親水性薬物のみかけの吸収速度は、非撹拌水層の拡散速度に依存する。

5.小腸下部から吸収された薬物は、門脈を経ずに下大静脈に入るために、肝初回通過効果を受けない。

 

 

正解 (2)(3)

 

選択肢 1 ですが

メロペネムは注射剤です。

経口製剤ではありません。

よって、選択肢 1 は誤りです。

 

 

選択肢 2,3 は、正しい記述です。

 

「陰イオン交換樹脂」は

「陰イオンを吸着」します。

 

そして

「酸性物質である」=「H を離しやすい」

H + プラバスタチン となって

陰イオンとなりやすい。と考えます。

 

 

経口バイオアベイラビリティ=AUCpo/AUCiv

です。

 

 

選択肢 4 ですが

非拡散水層の拡散速度に依存するのは

脂溶性が高い薬物、つまり疎水性薬物です。

親水性薬物ではありません。

よって、選択肢 4 は誤りです。

 

 

選択肢 5 ですが

記述は「大腸」下部についてです。

小腸下部から吸収された薬物は

初回通過効果を受けます。

よって、選択肢 5 は誤りです。

 

 

以上より、正解は 2,3 です。

 


 

168

 

薬物の血漿タンパク結合、組織結合及び分布容積に関する記述のうち、誤っているのはどれか。2選べ。

ただし、定常状態における血漿中非結合形薬物濃度と組織中非結合形薬物濃度は等しいものとする。

 

1.血漿タンパク結合の変動が分布容積に及ぼす影響は、組織結合性が大きい薬物ほど顕著である。

2.薬物の血漿中濃度に対する組織中濃度の比は、組織中非結合形分率に対する血漿中非結合形分率の比に等しい。

3.体重1kg当たりの分布容積が0.6Lの薬物は、血漿を含む細胞外液に主に分布する。

4.血漿タンパク結合率が著しく高く、組織結合は無視できるほど低い薬物の分布容積は、血漿容積に近似できる。

5.分布容積は、体内薬物量を組織中薬物濃度で除することで得られる。

 

 

正解 (3)(5)

 

選択肢 1 は、正しい記述です。

組織結合性が

とてつもなく小さい薬物を考えてみます。

 

血中の薬物は

ある程度アルブミンなどの

タンパク質と結合しています。

また、ある程度はフリーの形で

血中を流れています。

 

フリーだけが組織移行しますが

この薬物はなかなか組織へ移行しない

という現状です。

 

となれば、薬物を投与して

血中薬物濃度が上昇しても

組織になかなか移行しません。

 

この状況で多少タンパク結合が変動しようと

血中濃度はかわらず、分布容積もかわりません。

 

逆にいえば

組織結合性が大きいと

タンパク結合の変動が

鋭敏に血中濃度の変化につながり

分布容積に影響を及ぼすといえます。

 

 

選択肢 2 は、正しい記述です。

問題文に、定常状態において

血漿中 非結合薬物濃度 と

組織中 非結合薬物濃度 は等しいとあります。

 

血漿中濃度を a、組織中濃度を b とします。

血漿中非結合分率を 0.3 とします。

 

a →(結合)0.7a,(非結合)0.3a

b → b-0.3a,0.3a と表すことができます。

 

すると

「薬物の血漿中濃度に対する組織中濃度の比」

a:b です。

 

一方

「組織中非結合分率に対する 血漿中非結合分率の比」

= 0.3a/b : 0.3  です。

をかければ

0.3a:0.3b = a:b となります。

 

 

選択肢 3 ですが

体重 60kg として、分布容積が 36L です。

血液の体積+細胞外の体積である 

14L を大きく超えており

組織に多く分布しています。

よって、選択肢 3 は誤りです。

 

 

選択肢 4 は、正しい記述です。

色素系薬物のように

アルブミンと強固に結合する薬物の

分布容積と考えるとわかりやすいと思われます。

 

 

選択肢 5 ですが

「組織中」ではなく、「血漿中」濃度です。

よって、選択肢 5 は誤りです。

 

 

以上より、正解は 3,5 です。

 

 

参考 薬剤学まとめ 2-2 5)

 


 

169

 

Poor metabolizer (PM)において薬効が低下する薬物と代謝酵素の組合せとして正しいのはどれか。1つ選べ。

 

   薬物       代謝酵素

1.チザニジン    CYP1A2

2.ワルファリン   CYP2C9

3.クロピドグレル  CYP2C19

4.イミプラミン   CYP2D6

5.イリノテカン   UGT1A1

 

 

正解 (3)

 

PMで薬効低下 なので

代謝活性化を受ける薬物と

その代謝酵素の組合せを選べ

という問です。

 

 

薬物と代謝酵素の組合せは

どれも正しい組合せです。

 

選択肢 3 のクロピドグレルは

CYP 2C19 で代謝活性化を受けます。

よって、正解は 3 です。

 

 

ちなみに

イミプラミンは

主に 2D6 で代謝されるが

わずかに 1A2 により脱メチル化され

こちらは活性代謝物です。

 

またUGT 1A1

多型が知られている代謝酵素です。

 

 

参考 薬剤まとめ 2-3 7)

 



前の問題・・問題に戻る・・次の問題

 

前の解説・・目次に戻る・・次の解説