国試103回 解説166



166

 

トランスポーターを介した薬物輸送に関する記述のうち、正しいのはどれか。2選べ。

 

1.促進拡散型トランスポーターは、電気化学ポテンシャル差を駆動力とする。

2.ミカエリス定数に比べて低い基質濃度での輸送速度は、濃度によらず一定となる。

3.ペプチドトランスポーターPEPT1によるセファレキシン輸送の駆動力は、プロトン濃度勾配である。

4.有機アニオントランスポーターOAT1によるメトトレキサート輸送は、ATPの加水分解エネルギーを駆動力として直接利用する。

5P-糖タンパク質によるシクロスポリンの輸送は、二次性能動輸送である。

 

 

正解 (1)(3)


 

選択肢 1 は、正しい記述です。

 

 

選択肢 2 ですが

トランスポーターが飽和しておらず

基質濃度が増えるほど

輸送速度は大きくなると考えられます。

よって、選択肢 2 は誤りです。

 

 

選択肢 3 は、正しい記述です。

 

 

選択肢 4 ですが

OAT1 による輸送は

ATP の加水分解を直接駆動力として利用する

一次性能動輸送ではありません。

よって、選択肢 4 は誤りです。

 

 

選択肢 5 ですが

P-gp は、一次性能動輸送により

薬物を能動的に輸送します。

二次性ではありません。

よって、選択肢 5 は誤りです。

 

 

以上より、正解は 1,3 です。

 

 

参考 薬剤学まとめ 2-1 4)


追加したガジェットは無効です