国試103回 解説171



171

 

経口投与時において、薬物Aの体内動態に薬物Bの併用が及ぼす影響として正しいのはどれか。2選べ。

 

 

 

正解 (1)(4)

 

選択肢 1 は、正しい記述です。

ニューキノロン+金属イオンによる

相互作用です。

 

 

選択肢 2 ですが

オメプラゾールの胃酸抑制作用により

イトラコナゾールの溶解性が減少し

血中濃度が減少することがあります。

肝取り込みの阻害ではありません。

よって、選択肢 2 は誤りです。

 

 

選択肢 3 ですが

メトクロプラミドの作用により

胃内容排出速度が上昇します。

その結果、吸収速度が上昇します。

尿細管分泌の阻害ではありません。

よって、選択肢 3 は誤りです。

 

 

選択肢 4 は、正しい記述です。

フェブキソスタットが

キサンチンオキシダーゼを阻害することで

メルカプトプリンの代謝を阻害します。

 

 

選択肢 5 ですが

シクロスポリンにより OATP1B1 が阻害されることで

ピタバスタチンの肝臓への取り込みが減少し、その結果血中濃度が上昇します。

代謝の亢進では、ありません。

よって、選択肢 5 は誤りです。

 

 

以上より、正解は 1,4 です。

 

 

参考 薬理 1-1 6)