国試103回 解説182



182

 

65歳女性。脳血管疾患の既往無し。数年前より軽度認知障害があり、CT検査で大脳皮質の萎縮が認められ、アルツハイマー病と診断された。

下記の処方で服薬は正しくなされていた。最近、見当識障害や判断能力が悪化し、日常生活に介助が必要となることが多くなったため、心配した家族に同伴されて病院を受診した。

本患者の今後の薬物治療方針として正しいのはどれか。2選べ。

 

(処方)

ドネペジル塩酸塩錠5mg 11(11) 11回 朝食後 28日分

 

1.ドネペジル塩酸塩の増量

2.リバスチグミンの併用

3.ガランタミン臭化水素酸塩の併用

4.メマンチン塩酸塩の併用

5.メチルフェニデート塩酸塩の併用

 

 

正解 (1)(4)

 

選択肢 1 は、正しい記述です。

ドネペジルは、まず副作用回避の目的で

3mg から投与しますが、その後 5mg に増加し

さらに 10mg まで増量できます。

最近悪化している傾向が見られるため

妥当な方針といえます。

 

 

選択肢 2,3 ですが

リバスチグミンは

商品名イクセロンパッチのことです。

ガランタミンは、レミニールのことです。

 

共に、ドネペジルと同じ機序である

AchE 阻害剤です。

AchE阻害剤は、併用では用いられません。

よって、選択肢 2,3 は誤りです。

 

 

選択肢 4 は、正しい記述です。

 

メマンチン(メマリー)は

NMDA 受容体遮断薬です。

 

中等度から高度

アルツハイマー型認知症の

適用をもつ薬剤です。

ドネペジルと併用が可能です。

 

 

選択肢 5 ですが

メチルフェニデート(リタリン、コンサータ)は

ナルコレプシー(病的眠気)や

注意欠陥/多動性障害(ADHD

に用いられる薬です。

 

 

以上より、正解は 1,4 です。

 

 

類題 99-256