国試103回 解説183



183

 

ネフローゼ症候群の病態と治療に関する記述のうち、正しいのはどれか。2選べ。

 

1.低アルブミン血症が認められる。

2.食事療法は高タンパク食を基本とする。

3.浮腫の改善にはアンギオテンシンⅡ受容体拮抗薬が用いられる。

4.血液凝固能亢進の改善の第一選択薬として、アスピリンが用いられる。

5.ステロイド抵抗性を示す場合は、免疫抑制薬が併用される。

 

 

正解 (1)(5)

 

ネフローゼ症候群とは

高度のタンパク尿により

低タンパク血症を来す状態の総称です。

臨床的には

むくみ(浮腫)が認められます。

 

 

選択肢 1 は、正しい記述です。

アルブミンは、血中タンパク質の一種です。

 

 

選択肢 2 ですが

タンパク質を分解した時に出てくる

尿素窒素等の窒素化合物の処理が

腎臓の負担となります。

 

そのため

「低」タンパク食が基本です。

「高」タンパク食ではありません。

よって、選択肢 2 は誤りです。

 

 

選択肢 3 ですが

浮腫の改善には

ステロイド、ACE阻害薬等が用いられます。

ATⅡ受容体拮抗薬ではありません。

よって、選択肢 3 は誤りです。

 

 

選択肢 4 ですが

ヘパリンやワーファリンが用いられます。

アスピリンではありません。

よって、選択肢 4 は誤りです。

 

 

選択肢 5 は、正しい記述です。

シクロスポリン、タクロリムス、ミゾリビンなどが

用いられます。

 

 

以上より、正解は 1,5 です。

 

 

参考 病態3-1 3)