国試103回 解説184



184

 

40歳女性。丸顔と中心性の肥満を伴った高血圧症と糖尿病の患者。二次性高血圧の精査のため受診したところ、早朝空腹時の血中ACTHとコルチゾールの高値を認めた。

そこで入院の上、就寝前に0.5mgのデキサメタゾンを内服して翌朝の血中コルチゾールを測定したところ12μg/dLであった。

翌日、就寝前に8mgのデキサメタゾンを内服して、その翌朝に血中コルチゾールを測定すると3μg/dLであった。

本症例の病態として適切なのはどれか。1つ選べ。

 

1.クッシング病

2.異所性ACTH産生腫瘍

3.副腎腺腫

4.副腎癌

5.副腎皮質過形成

 

 

正解 (1)

 

丸顔、中心性の肥満などが特徴的で

クッシング症候群が連想されます。

「ステロイドの副作用で

ムーンフェイスとか、肥満があったよね」

ぐらいで十分な連想ではないでしょうか。

 

※クッシング症候群 というのは

慢性的に糖質コルチコイドが出ていることの総称です。

何らかの具体的疾患名ではないことに注意です。

 

 

行われている試験は

デキサメタゾン大量投与により

コルチゾール分泌の抑制が

見られるかどうかの試験です。

見られると、クッシング病と考えられます。

 

抑制が見られない場合は

副腎腺腫や、副腎癌

異所性ACTH(副腎皮質刺激ホルモン)産生腫瘍 

などと考えられます。

 

 

以上より、正解は 1 です。

 

 

ちなみに

選択肢 5 の副腎皮質過形成は

副腎のサイズが大きくなっている状態のことです。

先天性副腎皮質過形成などが

知られています。

 

 

類題 96-190,101-58