国試103回 解説187



187

 

じん麻疹及び薬疹に関する記述のうち、正しいのはどれか。2選べ。

 

1.じん麻疹は、主に血管透過性亢進により生じる。

2.じん麻疹の症状の1つに、血管性浮腫がある。

3.じん麻疹の多くは、そう痒感を伴わない。

4.中毒性表皮壊死症の早期に発熱はみられない。

5StevensJohnson症候群の治療には、副腎皮質ステロイド薬の局所投与を行う。

 

 

正解 (1)(2)

 

選択肢 1,2 は、正しい記述です。

血管付近の肥満細胞が

何らかの原因でヒスタミン放出

→ヒスタミンが神経を直接刺激しかゆみを感じる。

 

また、ヒスタミンの作用により

血管拡張し「血管透過性亢進」

→血管外へ血漿成分が流出

→「浮腫」という流れです。

 

 

選択肢 3 ですが

さきほどの解説のとおり

肥満細胞から放出される

ヒスタミンによる神経の直接刺激により

そう痒感を伴います。

よって、選択肢 3 は誤りです。

 

 

選択肢 4 ですが

中毒性表皮壊死症(T.E.N)は

高熱や全身倦怠感等を伴う

全身性の疾患です。

 

「早期に発熱が見られない」は

明らかに誤りと考えられます。

よって、選択肢 4 は誤りです。

 

 

選択肢 5 ですが

原因薬物中止、熱傷の治療の後

ステロイド「内服」が行われます。

局所投与ではありません。

よって、選択肢 5 は誤りです。

 

 

以上より、正解は 1,2 です。