国試103回 解説188



188

 

全身性エリテマトーデス(SLE)に関する記述のうち、誤っているのはどれか。2選べ。

 

1.自己抗体により形成される免疫複合体が組織に沈着し、臓器に慢性の炎症を引き起こす。

2.特徴的な症状として両側頬部にわたる蝶形紅斑が認められる。

3.関節所見としては関節痛や関節炎が主体で、骨破壊はまれである。

44050歳代の女性に好発する。

5.肝機能の悪化はSLEの予後を左右する最も重要な因子である。

 

 

正解 (4)(5)

 

選択肢 1 ~ 3 は、正しい記述です。

 

SLE 

免疫複合体の関与する全身性の慢性的炎症による

様々な症状が引き起こされる疾患です。

 

S systematic で「全身性」を意味します。

L,E lupus erythematosus で 「紅斑性狼瘡」です。

lupus がドイツ語で狼だそうです。

 

 

20-40歳女性に特に多く

患者ほぼ全員が抗核抗体を持っている

という特徴があります。

 

治療は

ステロイド、免疫抑制剤を用いる。

 

予後規定因子として重要なのは

SLEと併発しやすい腎障害です。

 

以上より、選択肢 4,5 は誤りです。

 

 

従って、正解は 4,5 です。