国試103回 問208~213



208209

 

78歳女性。高血圧症とパーキンソン病で処方1を服用していた。

パーキンソン病症状のコントロールが困難になったため、新たに処方2が追加された。

 

(処方1)

ニルバジピン錠2mg 11(12) 12回 朝夕食後 14日分

レボドパ250mg・カルビドパ配合錠 11(13) 13回 朝昼夕食後 14日分

 

(処方2)

セレギリン塩酸塩錠2.5mg 11(11) 11回 朝食後 14日分

 

208

 

本症例において処方2が追加された原因として、最も適切なのはどれか。1つ選べ。

 

1.ウェアリング・オフ

2.ジスキネジア

3.悪性症候群

4.動悸

5.異常興奮

 

209

 

以下に示すACはセレギリン、レボドパ又はカルビドパのいずれかである。

これらの医薬品に関する記述のうち、正しいのはどれか。2選べ。

 

 

1ACは、同じ標的分子の別の部位に結合することにより、代謝反応によるドパミンの分解を阻害する。

2Bは、生体内でドパミンに変化することによって活性を発現するプロドラッグである。

3Bは、脳内で芳香族L-アミノ酸脱炭酸酵素による代謝を受ける。

4Cは、一置換ヒドラゾン構造をもつ。

5Cは、Bと同様に血液脳関門を通過しやすい。

 

 

この問題の解説へ

 


 

210211

 

6歳男児。体重20kg。身長120cm。扁桃炎と診断され、この男児の処方箋を、母親が薬局に持参した(処方1)

 

(処方1)

セフジニル細粒10% 10.5g(11.5g) 13回 朝昼夕食後 5日分

 

セフジニル細粒10%の添付文書には、「通常、小児に対してセフジニルとして1日量918mg(力価)/kg3回に分割して経口投与する」と記載されている。

お薬手帳を確認したところ、男児は鉄欠乏性貧血で溶性ピロリン酸第二鉄を服用していることが判明した(処方2)

 

(処方2)

溶性ピロリン酸第二鉄シロップ5% 14mL(112mL) 13回 朝昼夕食後 14日分

 

210

 

セフジニルは鉄イオンに配位し、キレートを形成する。

矢印で示したセフジニルの原子のうち、鉄イオンに最も配位しにくいのはどれか。1つ選べ。

 

 

211

 

本症例に対し、薬剤師が行う対応の中で適切なのはどれか。2選べ。

 

1.セフジニル細粒10%の投与量について医師に疑義照会する。

2.セフジニル細粒10%からレボフロキサシン水和物製剤への処方変更を医師に提案する。

3.セフジニル細粒10%は鉄剤と一緒に服用するように指導する。

4.症状が途中で改善したら服用を終了するように指導する。

5.尿や便が赤色調を呈することがあると説明する。

 

 

この問題の解説へ

 


 

212213

 

85歳女性。再発・再燃を繰り返す逆流性食道炎の治療を受けている。

この患者の処方箋を、家族が薬局に持参した。

 

(処方)

オメプラゾール錠10mg 11(11) 11回 夕食後 14日分

 

家族より、最近飲み込む力が弱まり服用の際に苦労しているので、薬が飲みやすくなる方法はないかとの相談を受けた。

 

212

 

薬剤師の対応として、適切なのはどれか。2選べ。

 

1.オメプラゾール錠を正確に半錠に分割して調剤する。

2.オメプラゾール錠を乳鉢で粉砕して調剤する。

3.ラベプラゾールNa錠へ変更し、乳鉢で粉砕して調剤することを医師に提案する。

4.ランソプラゾールカプセルへ変更し、脱カプセルして調剤することを医師に提案する。

5.ランソプラゾール口腔内崩壊錠への変更を医師に提案する。

 

213

 

オメプラゾールが薬理作用を示す際の生体内における変化(AD)に関する記述のうち、正しいのはどれか。2選べ。

 

 

1Aの反応はpH7より大きいと加速される。

2Bの過程で不斉中心は消失する。

3Cは酸化還元反応である。

4Dでは酵素のシステイン残基と反応する。

 

 

この問題の解説へ

 



前の問題・・問208~213の解説・・次の問題

 

前の解説・・目次に戻る・・次の解説