国試103回 解説220~225



220221

 

48歳女性。既往歴 乳がん、StageⅠ。2年前の術後より再発予防の目的で以下の処方にてホルモン療法を受けている。

 

(処方)

タモキシフェン錠20mg 11(11) 11回 朝食後 90日分

 

220

 

タモキシフェンの代謝に関わるCYP2D6には、その酵素活性に変化をきたす遺伝子多型が多数知られている。

図はその一部の多型と乳がん術後タモキシフェンの単剤治療症例における無再発生存率との関連性を示している。

遺伝子多型に関する記述及び図の解釈として、誤っているのはどれか。1つ選べ。

 

 

1.遺伝子多型には、1つの塩基が他の塩基に置き換わっているものがある。

2.翻訳されるタンパク質のアミノ酸配列は、翻訳領域においてフレームシフト変異した遺伝子とその野生型遺伝子では異なる。

3PCR法を利用することで、CYP2D6の遺伝子変異を検出することができる。

4.変異型遺伝子をホモでもつ症例 [CYP2D6(*10/*10)] では、野生型遺伝子をホモでもつ症例 [CYP2D6(wt/wt)] と比べて、タモキシフェンの代謝が減弱していると考察される。

5CYP2D6(*10/*10)の症例では、タモキシフェンによる抗腫瘍効果が増強していると考察される。

 

 

正解 (5)

 

選択肢 13 は、正しい記述です。

遺伝的多型とは

個人ごとの遺伝子の違いのことです。

 

その中には

1塩基だけ置換されているものもあります。

これは特に SNPs と呼びます。

 

 

選択肢 2,3 は、正しい記述です。

塩基の挿入、欠失によって

遺伝子の読み枠がずれてしまうことを

フレームシフト突然変異と呼びます。

 

例えば、・・・|ATGCAGG・・・だったものが

左から3つ目のGが欠失して

・・・|ATCAGG|・・・ となったものです。

この結果、翻訳されるアミノ酸配列は異なるものとなります。

 

PCR とは

DNA の熱変性プライマーのアニーリング

DNA 鎖の合成・伸長からなる3段階反応を

繰り返すことで目的 DNA を増幅する反応です。

 

 

選択肢 4 ですが

まず図から、変異型/変異型 の方が

無再発生存率が明らかに低いことが

読み取れます。

 

タモキシフェンの代謝物が薬効に関与し

かつ、代謝酵素能が変化することによって

薬効を減弱させていると考えられます。

 

従って

タモキシフェンの代謝が減弱している

という考察は誤りではありません。

 

(この図だけからであれば

変異は代謝能を亢進させている

という可能性も否定できないのですが

かといって、この選択肢を誤り 

とすることはできません。

また、明らかに次の記述が誤りです。)

 

 

選択肢 5 ですが

変異型/変異型 の方が

無再発生存率が明らかに低いです。

従って、抗腫瘍効果が「増強」という記述は

明らかに誤りです。

 

 

以上より、正解は 5 です。

 

 

 

221

 

この患者は、最近、精神的に不安定となり、不安発作が頻回になった。

本症状の改善のための処方追加を検討するにあたり、タモキシフェンとの併用の観点から問題となる薬物について医師から問い合わせがあった。

本症例に対して併用を注意すべき薬物はどれか。1つ選べ。

 

1.セチプチリンマレイン酸塩

2.ミルナシプラン塩酸塩

3.パロキセチン塩酸塩水和物

4.ロラゼパム

5.ロルメタゼパム

 

 

正解 (3)

 

代謝に 2D6 が関与する 

ということから

パロキセチンは併用注意です。

パロキセチンは CYP 2D6 を阻害します。

 

よって、正解は 3 です。

 

 

ちなみに

セチプチリンマレイン酸塩は

四環系抗うつ薬です。

 

 

ミルナシプラン(トレドミン)は

SNRIです。

セロトニン、ノルアドレナリンの再取り込みを

阻害します。

 

 

ロラゼパム、ロルメタゼパムは

共にBz系薬です。

 


 

222225

 

50歳男性。薬局に処方箋とお薬手帳を持参した。初回面談の際、屋外でのスポーツやレジャーに使用する日焼け止めの相談があった。

この男性は、今まで日焼け止めを使用したことがなく、海水浴の後は肌が赤くなり、ほてりや痛みを感じ、水疱ができるとのことであった。

 

222

 

紫外線が皮膚に及ぼす影響を考慮し、薬剤師がこの男性に説明する内容として、適切でないのはどれか。1つ選べ。

なお、薬局では下記の商品①~④を取りそろえている。

SPF(Sun Protection Factor)及びPA(Protection Grade of UVA)は紫外線防止の指標であり、その効果を数字及び記号()で表している。

 

 

1.海水浴後に肌が赤くなる原因は、主に紫外線A(UVA)によるものです。

2PAは、UVA防止効果の指標です。

3SPFの数字が大きいものは、小さいものに比べて高い紫外線B(UVB)防止効果が期待されます。

4.日焼けを防止する成分には、大きく分けて紫外線を吸収するものと紫外線を散乱させるものがあります。

5.炎天下で長時間スポーツをする際には、①よりも④をお勧めします。

 

 

正解 (1)

 

選択肢 1 ですが

UVAは、波長が長く透過性が高い紫外線です。

肌の表面が赤くなる原因はUVBです。

よって、選択肢 1 は誤りです。

 

 

選択肢 2~5 は、正しい記述です。

 

 

以上より、正解は 1 です。

 

 

 

223

 

この男性が海水浴の際に経験した皮膚症状を含め、日焼けに関する記述のうち、正しいのはどれか。2選べ。

 

1.海水浴後に生じる紅斑には、炎症性メディエーターによる血管収縮が関わる。

2.紫外線曝露による色素沈着は、主として肥満細胞におけるメラニンの産生増強による。

3.メラニンは、チロシンから生合成される。

4.色素沈着は、通常、紅斑・水疱が生じる前に起こる。

5.紫外線曝露は、DNA鎖上にピリミジン二量体を生じさせる。

 

 

正解 (3)(5)

 

選択肢 1 ですが

紅斑とは、血管が「拡張」して

充血した状態です。

「収縮」ではありません。

よって、選択肢 1 は誤りです。

 

 

選択肢 2 ですが

メラニンの産生は

メラノサイト(色素細胞)によるものです。

肥満細胞ではありません。

よって、選択肢 2 は誤りです。

 

 

選択肢 3 は、正しい記述です。

 

 

選択肢 4 ですが

記述は逆です。海水浴に行って日焼けする時を

思い出すとわかりやすいと思います。

まず皮膚が赤くなり、帰って数日で日焼けしたことが

あるのではないでしょうか。

よって、選択肢 4 は誤りです。

 

 

選択肢 5 は、正しい記述です。

 

 

以上より、正解は 3,5 です。

 

 

 

224

 

この男性が持参したお薬手帳には、ケトプロフェンにて光線過敏症を起こしたことがあるとの記載があった。

この男性が持参した処方箋に15のいずれかの薬剤が記載されていた場合に、ケトプロフェンと同様に光線過敏症を引き起こす可能性があり、注意を要する医薬品はどれか。1つ選べ。

(※ この問題には正解の選択肢が2つあるため、そのうち1つを選べば正解となりました。)

 

 

 

正解 (2)(5)

 

ジクロフェナクナトリウムは

光線過敏症の副作用が知られています。

 

また、フェノフィブラートは

添付文書によれば

頻度不明ですが、光線過敏症が起こりえます。

 

従って、正解は 2,5 です。

 

 

 

225

 

光線過敏症に関する記述のうち、正しいのはどれか。2選べ。

 

1.すべての光線過敏症は、ガラス窓の内側にいれば防ぐことができる。

2.春先に採取されるアワビの中腸腺には、光線過敏症の原因となるフェオフォルビドが蓄積することがある。

3.光線過敏症は、宇宙から地上に降り注いでいるUVCが主原因である。

4.ケトプロフェンによる光線過敏症では、光エネルギーにより薬剤中のベンゾフェノン部分が反応し、抗原物質になると考えられる。

5.着色料の二酸化チタンは光線過敏症を起こすので、現在食品添加物として使用されていない。

 

 

正解 (2)(4)

 

選択肢 1 ですが

室内のガラス越しの日光でも

UVA は透過しており

光線過敏症の症状が

起きることがあります。

よって、選択肢 1 は誤りです。

 

 

選択肢 2 は、正しい記述です。

 

 

選択肢 3 ですが

UVAUVBが原因とされています。

UVCはそもそも地表までほぼ届きません。

よって、選択肢 3 は誤りです。

 

 

選択肢 4 は、正しい記述です。

 

 

選択肢 5 ですが

二酸化チタンは、代表的散乱剤です。

日焼け止めの成分として用いられます。

また、白色着色料として

食品添加物として用いられます。

よって、選択肢 5 は誤りです。

 

 

以上より、正解は 2,4 です。

 


追加したガジェットは無効です


前の問題・・問題に戻る・・次の問題

 

前の解説・・目次に戻る・・次の解説