国試103回 解説226,227,228,229



226229

 

74歳女性。年齢を考えるとそろそろ骨がもろくなり、寝たきりになるのではないかと心配になった。

 

226

 

この女性が薬局を訪れ、サプリメントの摂取について相談した。

薬局に取りそろえている以下の成分を含むサプリメントのうち、カルシウム(Ca)のほかに摂取する成分として優先度が高いのはどれか。2選べ。

 

1.ビタミンA

2.ビタミンC

3.ビタミンD

4.ビタミンE

5.ビタミンK

 

 

正解 (3)(5)

 

骨粗しょう症薬の中でも

アルファカルシドールや

メナテトレノン(グラケー)を覚えていれば

 

必要な成分は

ビタミン D 及び ビタミン K 

判断できると考えられます。

226 の正解は 3,5 です。

 

 

 

227

 

この女性に「骨粗しょう症は加齢とともに骨がもろくなり、進行しやすい病気なので、無理のない軽い運動を心がけてください」と指導した。

この指導の根拠となる骨のリモデリングに関する記述のうち、正しいのはどれか。2選べ。

 

1.エストロゲンは、骨からのCa2遊離を促進する。

2.骨細胞は、増殖能を有する未分化細胞であり、Ca2を細胞外へ分泌する。

3.骨芽細胞は、コラーゲンを細胞外へ分泌して骨基質をつくる。

4.カルシトニンは、破骨細胞の機能を抑制して、骨形成に働く。

5.負荷がかかる運動は、破骨細胞を活性化することで骨量を増加させる。

 

 

正解 (3)(4)

 

選択肢 1 ですが

エストロゲンは、代表的な女性ホルモンです。

エストロゲンの減少は、骨の密度減少につながります。

 

問題文の「骨からの Ca2+ 細胞外へ分泌」とは

骨の Ca が減少する方向の記述です。

つまり、エストロゲンが骨の密度減少 という内容です。

これは明らかに誤りです。

 

 

選択肢 2 ですが

骨細胞は分化済の細胞といえます。

ちなみに、増殖能はほぼありません。

よって、選択肢 2 は誤りです。

 

 

選択肢 3,4 は、正しい記述です。

 

 

選択肢 5 ですが

破骨細胞が活性化されれば

骨の分解が進行します。

骨量は減少するはずです。

よって、選択肢 5 は誤りです。

 

 

以上より

227 の正解は 3,4 です。

 

 

 

228

 

3ヶ月後、この女性が全身倦怠感を覚え、近医を受診したところ、血清Ca濃度10.0mg/dL、血清アルブミン濃度3.0g/dLであった。

なお、補正血清Ca濃度は、血清Ca濃度と血清アルブミン濃度から次の式で算出される。

以下の記述のうち、正しいのはどれか。2選べ。

 

補正血清Ca濃度(mg/dL)=血清Ca濃度+[4(血清アルブミン濃度)]

補正血清Ca濃度の基準値:8.410.2mg/dL

 

1.血清中のCa濃度を評価する際、この女性は高アルブミン血症であるため、補正血清Ca濃度を用いる。

2.この女性は低Ca血症と判断される。

3.イオン化したCaのみを測定しないと、この女性におけるCaの過不足は判断できない。

4.この女性は、脱力や脱水、腎障害を起こしやすいと予測される。

5.ビタミンを含む薬剤の中には、過剰摂取すると高Ca血症を引き起こすものがある。

 

 

正解 (4)(5)

 

選択肢 1 ですが

アルブミン濃度の基準値は

年齢により変動します。

とはいえ、3.5 以下は低い状態です。

「高アルブミン」ではありません。

よって、選択肢 1 は誤りです。

 

 

選択肢 2 ですが

Alb 4 以下の時用いられるのが

補正 Ca 濃度です。

補正の結果、濃度は高くなります。

 

すると

10.0mg/dL よりも高めと補正されるので

「低 Ca 血症」ではありません。

よって、選択肢 2 は誤りです。

 

 

選択肢 3 ですが

Ca は血中において、イオン化したものと

タンパク質に結合しているものがあります。

測定しているのは、総 Ca です。

イオン化した Ca のみを測定しなければ

ならないということはありません。

よって、選択肢 3 は誤りです。

 

 

選択肢 4,5 は、正しい記述です。

 

アルブミンが 3.0 以下なので

ネフローゼ症候群の疑いが強いです。

そのため、倦怠感や腎障害などが予測されます。

 

また、例えば

ビタミン D 作用が過剰になると

Ca 血症を引き起こすことがありえます。

 

 

以上より、正解は 4,5 です。

 

 

 

229

 

骨の構成成分であるCaに関する記述のうち、正しいのはどれか。2選べ。

 

1Caは、主に遊離イオン状態で骨や歯に存在する。

2.骨に存在するオステオカルシンは、Caと結合する。

3.腸管からのCaの吸収は、カゼインホスホペプチドにより阻害される。

4.腸管からのCaの吸収は、シュウ酸やフィチン酸により亢進する。

5.パラトルモン(副甲状腺ホルモン)の過剰分泌により高Ca血症となることがある。

 

 

正解 (2)(5)

 

選択肢 1 ですが

遊離イオン状態ではありません。

よって、選択肢 1 は誤りです。

 

 

選択肢 2 は、正しい記述です。

 

 

選択肢 3 ですが

カゼインホスホペプチドは

Ca の吸収を助けます。

トクホとして認められている成分です。

「阻害」ではありません。

よって、選択肢 3 は誤りです。

 

 

選択肢 4 ですが

シュウ酸やフィチン酸は

Ca の吸収を阻害します。

よって、選択肢 4 は誤りです。

 

 

選択肢 5 は、正しい記述です。

 

 

以上より

229 の正解は 2,5 です。


追加したガジェットは無効です