国試103回 解説254,255



254255

 

42歳女性。食後、みぞおちに差し込むような痛みが続いたため内科を受診し、胆石症による痛みと診断された。

 

254

 

この患者の治療薬として適切なのはどれか。2選べ。

 

1.ウルソデオキシコール酸

2.カモスタットメシル酸塩

3.ランソプラゾール

4.フロプロピオン

5.シメチジン

 

 

正解 (1)(4)

 

(解説は問255と合わせて、以下に示します。)

 

 

 

255

 

前問で適切と考えられた薬物の作用機序に関する記述のうち、正しいのはどれか。2選べ。

 

1.胆石表面のコレステロールをミセル化することで胆石を溶解する。

2.胆嚢からの胆汁排泄を抑制する。

3.カテコール-O-メチルトランスフェラーゼ(COMT)を阻害することでOddi括約筋を弛緩させる。

4.タンパク質分解酵素を阻害する。

5HKATPaseを阻害する。

 

 

正解 (1)(3)

 

ウルソデオキシコール酸は

コレステロール系胆石の

溶解目的で用いられます。

 

 

カモスタットメシル酸は

タンパク質分解酵素阻害薬です。

すなわち、消化酵素阻害薬です。

自己消化を防ぐことで膵炎の症状を緩和します。

カモスタットは、主に慢性の膵炎に使用されます。

胆石症には用いられません。

 

 

ランソプラゾールは、PPIです。

胆石症には用いられません。

 

 

フロプロピオンは

排胆薬です。

COMT catechol-O-methyltransferase

を阻害することにより

胆管平滑筋や Oddi 括約筋を弛緩させます。

胆石の排出を促す目的で用いられます。

 

 

シメチジンは H2 ブロッカーです。

胆石症には用いられません。

 

 

以上より、

254 の正解は 1,4 です。

255 の正解は 1,3 です。

 

 

ちなみに

255 の選択肢 1 

ウルソの作用機序です。

 

選択肢 3 がフロプロピオンの作用機序です。

 

選択肢 4 がカモスタットの作用機序です。

 

選択肢 5 がランソプラゾールの作用機序です。