国試103回 問26~30



26

 

Gqタンパク質と共役してホスホリパーゼCを活性化する受容体はどれか。1つ選べ。

 

1.アドレナリンβ1受容体

2.ドパミンD2受容体

3.オピオイドμ受容体

4.アセチルコリンM2受容体

5.ヒスタミンH1受容体

 

 

この問題の解説へ

 


 

27

 

長期連用により精神的依存を起こすが、身体的依存は生じにくいのはどれか。1つ選べ。

 

1.メタンフェタミン

2.モルヒネ

3.アルコール(エタノール)

4.エチゾラム

5.フェノバルビタール

 

 

この問題の解説へ

 


 

28

 

アドレナリンβ2受容体刺激薬の薬理作用はどれか。1つ選べ。

 

1.心拍数低下

2.瞳孔散大筋収縮

3.膀胱括約筋(内尿道括約筋)収縮

4.気管支平滑筋弛緩

5.グリコーゲン分解抑制

 

 

この問題の解説へ

 


 

29

 

副交感神経終末から遊離された神経伝達物質の分解を抑制するのはどれか。1つ選べ。

 

1.ベタネコール

2.スコポラミン

3.ジスチグミン

4.プラリドキシム

5.イプラトロピウム

 

 

この問題の解説へ

 


 

30

 

ダントロレンの筋弛緩作用の機序はどれか。1つ選べ。

 

1.筋小胞体からのCa2の遊離抑制

2.神経筋接合部の神経終末からのアセチルコリンの遊離抑制

3.神経筋接合部のニコチン性アセチルコリン受容体の競合的遮断

4.神経筋接合部のニコチン性アセチルコリン受容体の不可逆的遮断

5.脊髄のγ-アミノ酪酸GABAB受容体刺激

 

 

この問題の解説へ

 


 

前の問題・・問26~30の解説・・次の問題

 

前の解説・・目次に戻る・・次の解説