国試103回 解説27



27

 

長期連用により精神的依存を起こすが、身体的依存は生じにくいのはどれか。1つ選べ。

 

1.メタンフェタミン

2.モルヒネ

3.アルコール(エタノール)

4.エチゾラム

5.フェノバルビタール

 

 

正解 (1)

 

比較的身体的依存が生じにくいのは

コカイン、及び覚せい剤です。

 

 

覚せい剤とは

フェニルアミノプロパン

(=アンフェタミン)と、その塩類

及び

フェニルメチルアミノプロパン

(=メタンフェタミン)と、その塩類です。

 

 

従って、正解は 1 です。

 

 

参考 法規・制度・倫理 1-3 2)

 


追加したガジェットは無効です