国試103回 解説28



28

 

アドレナリンβ2受容体刺激薬の薬理作用はどれか。1つ選べ。

 

1.心拍数低下

2.瞳孔散大筋収縮

3.膀胱括約筋(内尿道括約筋)収縮

4.気管支平滑筋弛緩

5.グリコーゲン分解抑制

 

 

正解 (4)

 

β2 受容体刺激薬といえば

サルブタモールなどの

喘息薬の成分が代表例です。

 

そこから気管支平滑筋弛緩と

考えるとよいです。

よって、正解は 4 です。

 

 

ちなみに

心拍数低下といえば

β 遮断薬などがあげられます。

 

瞳孔散大筋収縮といえば

α1 受容体刺激薬です。

 

膀胱括約筋には α受容体が

多く発現しています。

尿道が狭くなると、尿が出にくくなります。

排尿困難に対してはα遮断薬が用いられます。

 

グリコーゲン分解抑制といえば

β 遮断薬です。

 


追加したガジェットは無効です