国試103回 解説30



30

 

ダントロレンの筋弛緩作用の機序はどれか。1つ選べ。

 

1.筋小胞体からのCa2の遊離抑制

2.神経筋接合部の神経終末からのアセチルコリンの遊離抑制

3.神経筋接合部のニコチン性アセチルコリン受容体の競合的遮断

4.神経筋接合部のニコチン性アセチルコリン受容体の不可逆的遮断

5.脊髄のγ-アミノ酪酸GABAB受容体刺激

 

 

正解 (1)

 

ダントロレンは

筋肉の興奮-収縮連関を抑制します。

 

すなわち

リアノジン受容体を遮断

→筋小胞体への興奮の伝達過程を遮断

→筋小胞体からのCa2+の遊離抑制

→筋弛緩 という作用機序です。

 

そのため

筋を直接電気刺激しても収縮しなくなります。

 

又、ダントロレンは

悪性高熱症の治療薬として用います。

 

悪性高熱症は

全身麻酔の併発症の一つです。

リアノジン受容体と呼ばれる受容体が

深く関与していることがわかっています。

 

 

以上より、正解は 1 です。

 

 

参考 薬理2-3 2)

 


追加したガジェットは無効です