国試103回 解説266~271



266269

 

55歳男性。10年前に2型糖尿病と診断され、生活習慣の改善とナテグリニドの服用を開始した。

5年前にHbA1c値が8.4%まで上昇したため、メトホルミン塩酸塩が追加され、その後増量されて以下の処方となった。

 

(処方1)

メトホルミン塩酸塩錠500mg 11(13)

ナテグリニド錠90mg 11(13)

13回 朝昼夕食直前 30

 

266

 

処方1に対して、特に注意すべき副作用の初期症状はどれか。2選べ。

 

1.尿路感染症による排尿痛

2.メラニンの過剰生成による色素沈着

3.心機能低下による下肢の浮腫

4.乳酸アシドーシスによる全身倦怠感、過呼吸

5.低血糖によるめまい、ふらつき

 

 

正解 (4)(5)

 

メトホルミンは

ビグアニド系薬です。

インスリン分泌作用がないことが特徴です。

 

肝臓での糖新生の抑制や

糖利用促進及び

AMPキナーゼ(AMPK)の活性亢進

などを介して血糖を低下させます。

 

特徴的な副作用として

乳酸アシドーシスがあり

初期症状である

吐き気、腹痛など注意が必要です。

 

 

ナテグリニドは

速効性インスリン分泌促進薬です。

これらの薬は SU 構造は持たないのですが

SU 受容体に結合して

SU 薬と同様のメカニズムで作用します。

 

さらに、SU 薬に比べ吸収が早く

服用後すぐに血糖値降下が見られる

という特徴があります。

すぐに効くため、低血糖にならないよう

食直前に服用するよう注意が必要です。

 

 

以上より

266 の正解は 4,5 です。

 

 

 

267

 

各グラフの実線は、ナテグリニド錠を食直前に服用した際の血漿中濃度推移を表す。

本剤を食直後に服用した場合、予想される血漿中濃度推移(破線)を表す最も適切なグラフはどれか。1つ選べ。

 

 

 

正解 (4)

 

267 ですが

ナテグリニド等のグリニド系薬剤は

食後の服用で作用が減弱することが

知られています。

 

作用減弱なので

血中濃度は食直前服用時と比べ

増加しないと考えられます。

 

作用が減弱するのは

ナテグリニドの吸収が妨げられるためです。

緩やかに吸収されれば

Cmaxが右側に移動すると考えられます。

以上より、問267 の正解は 4 です。

 

 

 

268

 

この患者は、処方1による治療を行っていたが、血糖コントロール不良状態が3ヶ月続いたため、以下のインスリン製剤を追加することになった。

 

(処方2)

インスリン デテミル(遺伝子組換え)(300単位/3mL) 1筒 17単位 11回 就寝前

 

この患者に対する服薬指導に関する記述のうち、適切なのはどれか。2選べ。

 

1.インスリン デテミルが追加になりましたので、これまで処方されていたナテグリニドの服用は中止になります。

2.膵臓のインスリン分泌能がなくなってしまったため、インスリン製剤が必要となりました。

3.なるべく同じ部位で、少しずつずらした場所に注射してください。

4.体重増加しやすくなりますので、食事・運動療法をしっかり行いましょう。

5.インスリン デテミルは基礎インスリンを補充するものなので、低血糖に注意する必要はありません。

 

 

正解 (3)(4)

 

(解説は問269と合わせて、以下に示します。)

 

 

 

269

 

インスリン デテミルに関する記述のうち、正しいのはどれか。2選べ。

 

1.速効型のインスリン製剤である。

2.皮下注射後、等電点沈殿に伴い微結晶になり、ゆっくりと溶解して血中に移行する。

3.ヒトインスリンにミリスチン酸基を付加し、血漿中のアルブミンとの結合を利用して作用の持続化を図っている。

4.投与ごとの血糖降下作用のばらつきが少なく、安定した血糖コントロールが期待できる。

5.等張化剤としてD-グルコースが用いられている。

 

 

正解 (3)(4)

 

インスリン デテミルは

持効型のインスリン注射剤です。

 

「デテミル」が

detached threonine +

myristic acid から由来しており

インスリンにミリスチン酸基を

付与したものです。

 

ミリスチン酸基の役割は2つです。

自己会合を促すことと

血中でアルブミンと結合することで

吸収及び分布が緩やかになります。

 

24時間 一定量が分泌される

基礎分泌の補充目的で用いられます。

 

※食事が不規則といった場合に

低血糖により注意が必要である 

ということには留意が必要です。

 

 

以上より

268 の選択肢 1,2,5 は明らかに誤りです。

また、問269 の正解は 3,4 です。

 


 

270271

 

23歳男性。幼児期に喘息と診断され、総合病院の呼吸器内科でテオフィリンが処方され、継続的に服用している。

最近、体調を崩し、近所の内科を受診したところ、マイコプラズマ肺炎と診断され、以下の薬剤が投薬された。

服用を始めて2日後、男性は夜中に眠れなくなったので、薬剤情報提供書を薬局に持参してかかりつけ薬剤師に相談した。

 

(処方)

1.シプロフロキサシン錠200mg 11(12) 12回 朝夕食後 7日分

2.カルボシステイン錠500mg 11(13)

アンブロキソール塩酸塩錠15mg 11(13)

チペピジンヒベンズ酸塩錠20mg 11(13)

13回 朝昼夕食後 7日分

3.モンテルカスト錠10mg 11(11) 11回 就寝前 7日分

 

270

 

相談された薬剤師は、テオフィリンとの薬物相互作用による副作用を疑い、内科医に疑義照会した。

その際、薬剤師が変更を提案すべき薬剤はどれか。1つ選べ。

 

1.シプロフロキサシン錠

2.カルボシステイン錠

3.アンブロキソール塩酸塩錠

4.チペピジンヒベンズ酸塩錠

5.モンテルカスト錠

 

 

正解 (1)

 

(解説は問271と合わせて、以下に示します。)

 

 

 

271

 

前問における薬物相互作用の機序として正しいのはどれか。1つ選べ。

 

1CYP1A2の阻害

2CYP3A4の誘導

3.有機カチオントランスポーターの阻害

4P-糖タンパク質の阻害

5.キレートの形成

 

 

正解 (1)

 

テオフィリン継続使用中の男性です。

テオフィリンといえば

気管支ぜん息薬。キサンチン誘導体。

気管支が広がって楽になる薬といった程度が

浮かべばよいと思われます。

 

また、過去問から

CYP1A2 で代謝される薬であることは

思い出したいポイントです。

 

 

シプロフロキサシンは

ニューキノロン系の抗菌薬です。

DNAジャイレース阻害薬です。

CYP1A2阻害が知られている薬です。

 

カルボシステイン、アンブロキソールは

共に 去痰薬です。

 

チペピジンヒベンズ酸は

非麻薬性中枢性鎮咳薬です。

 

モンテルカストは

LT受容体拮抗薬です。

喘息に用いられます。

 

 

以上より

270 の正解は 1 です。

271 の正解は 1 です。

 

 

類題 98-272,99-246

 


追加したガジェットは無効です


前の問題・・問題に戻る・・次の問題

 

前の解説・・目次に戻る・・次の解説