国試103回 解説272,273



272273

 

76歳男性。1年前より心房細動にて内科を受診してワルファリンを服用しており、その処方は以下のとおりであった。

朝食後に忘れず服用していること、他科受診及び併用薬はないこと、納豆は食べていないことを薬剤の交付時に確認していた。

 

(処方)

ワルファリンK1mg 12(12) 11回 朝食後 56日分

 

本日、本人が妻と一緒に処方箋を持って薬局を訪れた。

処方箋を確認したところ、12錠から14錠に増量となっていた。

本人によると、血液検査の結果が悪かったため、増量になったとのことであった。

また、妻によると、1ヶ月半前から毎食前にジュースを作って飲ませているとの話であった。

 

272

 

ジュースについて確認したところ、次の食材が含まれているとのことだった。

薬剤が増量になった原因として考えられる食材はどれか。1つ選べ。

 

1.グレープフルーツ

2.ニンジン

3.ブルーベリー

4.ホウレンソウ

5.ヨーグルト

 

 

正解 (4)

 

(解説は問273と合わせて、以下に示します。)

 

 

 

273

 

前問と同じメカニズムによる相互作用の例として、適切なのはどれか。1つ選べ。

 

1.リファンピシンは、ワルファリンの肝取り込みトランスポーターを阻害する。

2.ミコナゾールは、CYP2C9を誘導してワルファリンの代謝速度を上昇させる。

3.メナテトレノンは、ワルファリンによる血液凝固因子の生合成阻害作用と拮抗する。

4.アスピリンは、ワルファリンによる血小板凝集抑制作用と拮抗する。

5.コレスチラミンは、腸管内でワルファリンを吸着することで吸収を阻害する。

 

 

正解 (3)

 

ワルファリンは

ビタミン K 依存性凝固因子に作用する

抗凝固薬です。

 

ワルファリンが「増量」になっていることから

効果が抑制されたと考えられます。

ビタミン K が過剰に存在すると

 ワーファリンの効果が抑制されます。

 

ビタミン K が過剰に含まれる食品として

ワーファリン服用中に注意すべき食品として

納豆、及びクロレラがあります。

又、青汁などの緑黄色野菜のジュースも

注意が必要です。

 

このメカニズムと同様の相互作用の例としては

ビタミンK製剤とワルファリンの相互作用が

あげられます。

 

 

以上より

272 の正解は 4 です。

273 の正解は 3 です。


追加したガジェットは無効です