国試103回 解説284,285



284285

 

52歳男性。食道がんの手術後に完全静脈栄養による治療を受けていた。

ビタミンB1不足による乳酸アシドーシスの疑いでチアミン塩化物塩酸塩を急速静注したが、効果が不十分であったため7%炭酸水素ナトリウム注射液40mLを輸液500mLに混合して点滴投与する予定である。

 

284

 

2種以上の注射剤・輸液剤を混合する際に生じる配合変化について、誤っているのはどれか。1つ選べ。

 

1.ある特定のイオンの存在で沈殿を生じることがある。

2pHの異なる注射剤を混合する場合は、製剤中の主薬の溶解性が低下することがある。

3.溶解補助剤を使用した難水溶性の薬剤を含む注射剤は、輸液剤で希釈すれば主薬の析出を回避できる。

4.コロイドを含む注射剤と電解質輸液を混合すると、コロイドが凝集することがある。

5.糖とアミノ酸を含む輸液を混合すると、褐色に着色することがある。

 

 

正解 (3)

 

ビタミン B

ピルビン酸脱水素酵素などの

補酵素です。

 

ビタミン Bが欠乏することで

解糖系で生じたピルビン酸の

代謝が阻害され、ピルビン酸が蓄積します。

 

この状況に対し、代償的に

乳酸脱水素酵素による

ピルビン酸の代謝が亢進します。

その結果、乳酸が生成されます。

 

乳酸が豊富になることにより

乳酸アシドーシスが引き起こされます。

 

 

284 

選択肢 1,2,4,5 は、正しい記述です。

 

選択肢 1 ですが

特定イオンの存在下沈殿の例は

Ca2+ イオン の存在下における

NaHCO3(メイロン)の配合変化です。

 

 

選択肢 2 ですが

pH 変化による

溶解性低下、沈殿生成の例は

ラシックスと酸性注射剤の配合変化です。

 

 

選択肢 4 ですが

コロイドに電解質の混合なので

塩析や凝析が起きうる ということです。

 

 

選択肢 5 ですが

褐色に着色するのは

糖とアミノ酸によるメイラード反応です。

 

 

選択肢 3 は誤った記述です。

輸液剤で希釈すれば

溶解補助剤の濃度が薄くなってしまい

主薬が析出してしまう可能性があります。

 

 

以上より、正解は 3 です。

 

 

 

285

 

表は、各輸液の成分濃度を示している。

炭酸水素ナトリウム注射液との混合で、配合変化が生じる可能性が最も高い輸液剤はどれか。1つ選べ。

ただし、電解質の濃度はmEq/L、ブドウ糖の濃度はw/v%である。

 

 

 

正解 (1)

 

前問の選択肢 1 の解説であげたように

Ca2+ イオン存在下において

炭酸水素ナトリウムは沈殿を生じます。

 

従って、正解は 1 です。

 

 

類題 98-85


追加したガジェットは無効です