国試103回 解説278~285



278279

 

36歳女性。腎移植目的で入院となった。

移植に伴いサンディミュン®カプセル、ミコフェノール酸モフェチルカプセル、メチルプレドニゾロン錠を術前より内服することとなり、担当薬剤師が指導を開始した。

移植手術は無事に終了し医師の指示によりサンディミュン®カプセルをネオーラル®カプセルに切り替えることになり、引き続き担当薬剤師が指導を継続することになった。

 

注:サンディミュン®カプセル:シクロスポリンの油性製剤

ネオーラル®カプセル:シクロスポリンの自己乳化型マイクロエマルション製剤

 

278

 

薬剤師がこの患者に行う術前、術後の服薬指導として、適切でないのはどれか。2選べ。

 

1.これらの薬を飲んでいる間は、こまめに手洗いをしてください。

2.抵抗力が下がり、感染症にかかりやすくなるので、麻疹や風疹などのワクチン接種をしておきましょう。

3.シクロスポリンは血液中の薬の濃度を測りながら服用する量を決めますので、血液検査が多くなります。

4.グレープフルーツジュースはシクロスポリンの効果を弱めてしまいますので、飲まないでください。

5.薬を切り替える時には副作用がでることがありますので、気になることがあれば言ってください。

 

 

正解 (2)(4)

 

選択肢 1 は、正しい記述です。

選択肢 2 の冒頭にもあるように

移植臓器の拒絶を防ぐために免疫抑制剤を

投与しているため、容易に感染症にかかります。

従って、こまめな手洗いが推奨されます。

 

 

選択肢 2 ですが

免疫抑制剤使用中に生ワクチンの接種は

重大な副作用の危険が増すため

避けるべきものが多いです。

 

麻しん・風しん混合ワクチン(MR)は

生ワクチンです。

麻しんや風しんのワクチンは避けるべきです。

(接種するのであれば、移植前にすべきです。)

よって、選択肢 2 は誤りです。

 

 

選択肢 3 は、正しい記述です。

TDM 対象薬の一つです。

 

 

選択肢 4 ですが

グレープフルーツジュース(GFJ)は

CYP阻害なので、代謝が抑制されることで

血中濃度は上昇します。

つまり、効果は強くなります。

弱めてしまうわけではありません。

よって、選択肢 4 は誤りです。

 

 

選択肢 5 は、正しい記述です。

 

 

以上より、正解は 2,4 です。

 

 

 

279

 

術前に服用していたシクロスポリンの油性製剤と術後に処方された自己乳化型マイクロエマルション製剤の特徴に関する記述のうち、正しいのはどれか。2選べ。

 

1.自己乳化型マイクロエマルション製剤の方が、バイオアベイラビリティが高い。

2.いずれも消化管液中でw/o型エマルションが形成される。

3.自己乳化型マイクロエマルション製剤の方が、薬の吸収に対する食事の影響が小さい。

4.自己乳化型マイクロエマルション製剤の方が、油相と水相の間の界面張力が大きいため、液滴が微細化される。

5.シクロスポリンは水溶性が高いため、主にエマルションの水相に分配する。

 

 

正解 (1)(3)

 

シクロスポリンが脂溶性が高く

胆汁酸や食事の影響を大きく受けることから

 

o/w のエマルジョンを形成し、水溶性を高め

消化管上部における安定した吸収を実現したのが

ネオーラルカプセルです。

バイオアベイラビリティが高く

食事等の影響を受けにくい という特徴があります。

 

以上より

選択肢 1,3 が正しい記述です。

正解は 1,3 です。

 

 

類題 96-201,100-270271

 


 

280281

 

86歳女性。骨粗しょう症で整形外科を受診し薬物治療を受けている。

服用している薬剤は以下のとおりであった。

 

(処方1)

アレンドロン酸ナトリウム錠35mg 11(11) 毎週火曜日起床時 4日分 (投与実日数)

 

(処方2)

アルファカルシドール錠1μg 11(11) 11回 朝食後 28日分

 

しかし、最近になりアレンドロン酸ナトリウム錠が大きいために嚥下が困難になったので、薬局を訪れた。

担当した薬剤師が医師に連絡したところ、次回より以下の処方に変更することになった。

 

(処方1)

アレンドロン酸ナトリウム水和物経口ゼリー剤35mg 11(11) 毎週火曜日起床時 4日分(投与実日数)

 

(処方2)

アルファカルシドール錠1μg 11(11) 11回 朝食後 28日分

 

280

 

処方箋を受け取った薬剤師は、すでに服用している錠剤の基本的な服用法を患者に対して再確認した。

次に、このゼリー剤で注意することについて、新たに追加説明を行うことにした。

その追加の内容として適切なのはどれか。1つ選べ。

 

1.起床してすぐにコップ一杯の水で服用すること。

2.口の中で噛んだり、溶かしたりしないこと。

3.服用後、少なくとも30分たってから食事を摂ること。

4.低温(冷蔵庫など)を避けて保存すること。

5.カルシウムやマグネシウム等の含量が特に高い飲料で服用しないこと。

 

 

正解 (4)

 

アレンドロン酸服用時の

使用上の注意として

食道などに付着したままだと

局所刺激症状をおこす

おそれがある点があります。

 

そのため、噛んだりせずそのまま

コップ1杯程度の多めの水での服用を

指導します。

 

又、服用後

最低30分は、横にならず

さらに、食事等を行わないように

指導します。

(これらは、食道などへの

薬の残留を防ぐためです。

又、胃に何か入っていると

吸収が悪くなるためです。)

 

週1回服用でよく

飲み忘れて食事をとった場合は

翌日に服用すればよいです。

 

金属イオンとキレート形成するため

サプリメントや、硬度の高いミネラルウォーターなどでは

服用しないように注意します。

 

 

これらの注意に加えて

ゼリー状なので冷蔵庫に保存しようとするかもしれません。

しかし、低温では有効成分の結晶が析出しやすくなるので

冷蔵庫に保管するのは避けるよう指導します。

 

 

以上より、問280 の正解は 4 です。

 

 

 

281

 

本経口ゼリー剤の添加剤に関する記述のうち、正しいのはどれか。1つ選べ。

なお、本経口ゼリー剤には、添加剤としてカラギーナン、ローカストビーンガム、ポリアクリル酸ナトリウム、グリセリン、D-ソルビトール、クエン酸ナトリウム、パラオキシ安息香酸プロピルが含まれる。

 

1.カラギーナンは、種類によってカルシウムイオンやカリウムイオンでゲル化するものがある。

2.ローカストビーンガムは、保存剤として添加されている。

3.ポリアクリル酸ナトリウムは、主薬の酸化に対する安定性を高める。

4.クエン酸ナトリウムは、乳化剤として添加されている。

5.パラオキシ安息香酸プロピルは、増粘剤として添加されている。

 

 

正解 (1)

 

選択肢 1 は、正しい記述です。

 

 

選択肢 2 ですが

ローカストビーンガムは、安定剤です。

保存剤ではありません。

 

 

選択肢 3 ですが

ポリアクリル酸ナトリウムは

吸水性高分子です。

乳化安定剤として

用いられていると考えられます。

抗酸化剤ではありません。

 

 

選択肢 4 ですが

クエン酸ナトリウムは

抗酸化作用を助ける役割を担います。

 

(「シネルギスト」の一種。

シネルギストとは

食品添加物の作用に対して

効果を増強させる作用を示す物質)

 

乳化剤ではありません。

 

 

選択肢 5 ですが

パラオキシ安息香酸プロピルは

保存剤です。増粘剤ではありません。

 

 

以上より、問281の正解は 1 です。

 


 

282283

 

2歳男児。夕方に発熱があり、同時に痙れんが起こったので近所の小児科を受診した。

その後、母親が処方箋を薬局に持参した。その処方内容は以下のとおりであった。

 

(処方1)

アセトアミノフェン坐剤100mg 11個 発熱時 6回分(6)

 

(処方2)

ジアゼパム坐剤4mg 11個 発熱時 4回分(4)

 

注:アセトアミノフェン坐剤の基剤:ハードファット

ジアゼパム坐剤の基剤:マクロゴール

 

282

 

薬剤師が坐剤の使用経験を確認したところ、坐剤の併用は初めてとのことであった。

そこで、この2種類の坐剤の併用方法について説明した。

その内容として適切なのはどれか。1つ選べ。

 

1.アセトアミノフェン坐剤を先に挿入し、熱が下がってからジアゼパム坐剤を挿入してください。

2.ジアゼパム坐剤を先に挿入し、35分ほどしてからアセトアミノフェン坐剤を挿入してください。

3.アセトアミノフェン坐剤を先に挿入し、35分ほどしてからジアゼパム坐剤を挿入してください。

4.ジアゼパム坐剤を先に挿入し、30分以上してからアセトアミノフェン坐剤を挿入してください。

5.アセトアミノフェン坐剤を先に挿入し、30分以上してからジアゼパム坐剤を挿入してください。

6.アセトアミノフェン坐剤を挿入したら、直ちにジアゼパム坐剤を挿入してください。

 

 

正解 (4)

 

(解説は問283と合わせて、以下に示します。)

 

 

 

283

 

前問の投与順を選択した理由として適切なのはどれか。1つ選べ。

 

1.アセトアミノフェン坐剤とジアゼパム坐剤を同時に投与すると、直腸内で両主薬の溶解度が上昇し、吸収量が増加する。

2.アセトアミノフェン坐剤とジアゼパム坐剤を同時に投与すると、主薬間で不溶性の複合体を形成し、吸収量が減少する。

3.ジアゼパム坐剤を先に投与すると、アセトアミノフェンがマクロゴールに分配し、吸収量が減少する。

4.アセトアミノフェン坐剤を先に投与すると、ジアゼパムがハードファットに分配し、吸収量が減少する。

5.マクロゴールによってハードファットが不溶化し、アセトアミノフェンの溶出量が減少する。

 

 

正解 (4)

 

アセトアミノフェンは解熱剤です。

ジアゼパムは抗けいれん薬です。

アルピニーとダイアップ坐剤等が

処方されていた経験があると

イメージしやすいと思います。

 

 

ジアゼパムが脂溶性が高いため

アセトアミノフェンの基材であるハードファットに

分布しないようにすることが求められます。

 

(ちなみに

ジアゼパムの基材であるマクロゴールは

水溶性基剤の代表例です。)

 

 

そのため

ジアゼパムを先に使用した上で

アセトアミノフェンは 30 分以上あけて

使用するように指導します。

 

同時に投与したり

アセトアミノフェンを先に投与すると

ジアゼパムが

ハードファットにまず分布してしまい

 

吸収量が減少したり

薬効が現れるのが遅くなることが

知られています。

 

 

以上より

282 の正解は 4

283 の正解は 4 です。

 

 

類題 98-54 基材について

 


 

284285

 

52歳男性。食道がんの手術後に完全静脈栄養による治療を受けていた。

ビタミンB1不足による乳酸アシドーシスの疑いでチアミン塩化物塩酸塩を急速静注したが、効果が不十分であったため7%炭酸水素ナトリウム注射液40mLを輸液500mLに混合して点滴投与する予定である。

 

284

 

2種以上の注射剤・輸液剤を混合する際に生じる配合変化について、誤っているのはどれか。1つ選べ。

 

1.ある特定のイオンの存在で沈殿を生じることがある。

2pHの異なる注射剤を混合する場合は、製剤中の主薬の溶解性が低下することがある。

3.溶解補助剤を使用した難水溶性の薬剤を含む注射剤は、輸液剤で希釈すれば主薬の析出を回避できる。

4.コロイドを含む注射剤と電解質輸液を混合すると、コロイドが凝集することがある。

5.糖とアミノ酸を含む輸液を混合すると、褐色に着色することがある。

 

 

正解 (3)

 

ビタミン B

ピルビン酸脱水素酵素などの

補酵素です。

 

ビタミン Bが欠乏することで

解糖系で生じたピルビン酸の

代謝が阻害され、ピルビン酸が蓄積します。

 

この状況に対し、代償的に

乳酸脱水素酵素による

ピルビン酸の代謝が亢進します。

その結果、乳酸が生成されます。

 

乳酸が豊富になることにより

乳酸アシドーシスが引き起こされます。

 

 

284

選択肢 1,2,4,5 は、正しい記述です。

 

選択肢 1 ですが

特定イオンの存在下沈殿の例は

Ca2+ イオン の存在下における

NaHCO3(メイロン)の配合変化です。

 

 

選択肢 2 ですが

pH 変化による

溶解性低下、沈殿生成の例は

ラシックスと酸性注射剤の配合変化です。

 

 

選択肢 4 ですが

コロイドに電解質の混合なので

塩析や凝析が起きうる ということです。

 

 

選択肢 5 ですが

褐色に着色するのは

糖とアミノ酸によるメイラード反応です。

 

 

選択肢 3 は誤った記述です。

輸液剤で希釈すれば

溶解補助剤の濃度が薄くなってしまい

主薬が析出してしまう可能性があります。

 

 

以上より、正解は 3 です。

 

 

 

285

 

表は、各輸液の成分濃度を示している。

炭酸水素ナトリウム注射液との混合で、配合変化が生じる可能性が最も高い輸液剤はどれか。1つ選べ。

ただし、電解質の濃度はmEq/L、ブドウ糖の濃度はw/v%である。

 

 

 

正解 (1)

 

前問の選択肢 1 の解説であげたように

Ca2+ イオン存在下において

炭酸水素ナトリウムは沈殿を生じます。

 

従って、正解は 1 です。

 

 

類題 98-85

 


追加したガジェットは無効です


前の問題・・問題に戻る・・次の問題

 

前の解説・・目次に戻る・・次の解説