国試103回 解説286~291



286287

 

24歳男性。悪性リンパ腫に対して外来化学療法を実施予定である。

外来化学療法室で、薬剤師がレジメンチェックを行った。

 

レジメン(RCHOP) 1クール目

(処方1)

リツキシマブ注射液 375mg/m2

生理食塩液 500mL

主管より約30分間で点滴静注

 

(処方2)

シクロホスファミド水和物注射用 750mg/m2

生理食塩液 250mL

主管より約30分間で点滴静注

 

(処方3)

ドキソルビシン塩酸塩注射液 50mg/m2

生理食塩液 100mL

主管より約30分間で点滴静注

 

(処方4)

ビンクリスチン硫酸塩注射用 1.4mg/m2

生理食塩液 50mL

主管より約10分間で点滴静注

 

(処方5)

プレドニゾロン錠5mg 110(120) 12回 朝昼食後 5日分

 

286

 

医師に確認又は提案すべき内容として適切なのはどれか。2選べ。

 

1.リツキシマブ注射剤の投与前に、B型肝炎ウイルス感染の有無を確認する。

2.シクロホスファミド水和物注射剤の投与後は、しびれなどの末梢神経障害の発現に注意する。

3.ドキソルビシン塩酸塩注射剤の投与が長期化する際には、総投与量(累積投与量)に注意する。

4.ビンクリスチン硫酸塩注射剤の投与後は、出血性膀胱炎の発現に注意する。

 

 

正解 (1)(3)

 

選択肢 2,4 ですが

薬剤 もしくは 注意する症状が

逆になっています。

 

シクロホスファミドの

注意すべき代表的副作用は

出血性膀胱炎です。

 

末梢神経障害が

知られている薬剤としては

パクリタキセル

ビンクリスチン、シスプラチンなどです。

 

よって、選択肢 2,4 は誤りです。

従って、問286の正解は 1,3 です。

 

 

 

287

 

RCHOP療法の実施により、急に尿量の減少と浮腫を認めたため外来受診した。

その際に血液検査で認められる異常所見として可能性が高いのはどれか。2選べ。

 

1.高尿酸血症

2.低カリウム血症

3.高ナトリウム血症

4.高カルシウム血症

5.高リン血症

 

 

正解 (1)(5)

 

抗がん剤の使用により

がん細胞が大量に死滅します。

その結果、血中に大量の核酸等が

大量放出されます。

 

これにより

DNA等の「核酸系」の物質が上昇。

・細胞「内」に多く存在するイオン濃度が上昇

と考えると判断しやすいと思います。

 

増加するものとしては

尿酸、リンなどです。

また、リン濃度の上昇に伴い

リンと Ca が結合することで

血中 Ca 濃度は低下します。

 

また

細胞内により多く存在する

K+ イオン濃度が上昇します。

 

 

以上より

287 の正解は 1,5 です。

 


 

288289

 

68歳男性。体重60kg。高血圧症及び便秘のため下記の処方薬を服用していた。

患者は日中に町内会の夏祭りの準備をしており、水分摂取を忘れるほど夢中に作業をしたところ、体調不良となり救急搬送された。

救急搬送時の体温は38.5。血液検査で、血清クレアチニン値が前回受診時の0.8mg/dLから2.5mg/dLへと上昇しており、急性腎不全の診断となった。

 

(処方1)

エナラプリルマレイン酸塩錠10mg 11(11)

トリクロルメチアジド錠2mg 11(11)

11回 朝食後 30日分

 

(処方2)

酸化マグネシウム錠330mg 12(16) 13回 朝昼夕食後 14日分

 

288

 

この患者の薬学的管理に関する提案のうち、適切でないのはどれか。2選べ。

 

1.ロキソプロフェンナトリウム水和物錠の投与

2.酸化マグネシウム錠の中止

3.エナラプリルマレイン酸塩錠の中止

4.トリクロルメチアジド錠の中止

5.レボフロキサシン水和物錠の投与

 

 

正解 (1)(5)

 

血中クレアチニン値が高い ということは

クレアチニンの排出経路である

腎機能が悪くなっていることを示唆します。

 

 

選択肢 1 ですが

ロキソプロフェンは NSAIDs の一種です。

NSAIDs は腎血流を減少させ

腎機能を弱める方向に作用します。

そのため急性腎不全の患者への使用は

適切ではありません。

 

 

選択肢 2~4 は、正しい記述です。

 

選択肢 2 ですが

高マグネシウム血症のおそれがあるため中止します。

 

選択肢 3 ですが

エナラプリルはプロドラッグで

代謝物が活性を示す薬物です。

腎不全時はこの代謝物の濃度上昇による

過剰な降圧 及び 腎機能悪化を避けるため

中止が適切です。

 

選択肢 4 ですが

トリクロルメチアジドは利尿薬の一種です。

腎機能のさらなる悪化を避けるために

中止が適切です。

 

 

選択肢 5 ですが

レボフロキサシンはニューキノロン系抗菌薬です。

感染を疑う理由が本問では見当たりません。

よって適切ではないと考えられます。

 

 

以上より、問288 の正解は 1,5 です。

 

 

 

289

 

急性腎不全の病態と治療に関する記述のうち、正しいのはどれか。2選べ。

 

1.不可逆的に腎機能が低下する。

2.低カリウム血症が起こる。

3.腎前性の場合は尿中ナトリウム低値を伴う乏尿が起こる。

4.ビタミンD活性化障害により腎性貧血が認められる。

5.脱水は急性腎不全の危険因子である。

 

 

正解 (3)(5)

 

選択肢 1 ですが

一般に、急性腎不全は可逆的

慢性腎不全は非可逆的 です。

よって、選択肢 1 は誤りです。

 

 

選択肢 2 ですが

急性腎不全においては

「高」K血症が起きます。

K血症ではありません。

よって、選択肢 2 は誤りです。

 

 

選択肢 3 は、正しい記述です。

「腎前性」とは

「ネフロン以前」ということです。

「腎臓へ流れ込む血流が

そもそも少なくなっている」等による

腎不全のことです。

 

 

選択肢 4 ですが

ビタミンD 活性化障害で起きるのは

Ca 血症です。

よって、選択肢 4 は誤りです。

 

 

選択肢 5 は、正しい記述です。

脱水→腎血流低下→急性腎不全 

という流れです。

 

 

以上より

289 の正解は 3,5 です。

 


 

290291

 

74歳男性。喘息にて近医から下記の薬剤(処方1及び処方2)が処方されていた。

呼吸困難を自覚しており、禁煙したにもかかわらず、症状が改善しないため、呼吸器内科を受診したところ、新たにCOPD(慢性閉塞性肺疾患)と診断され、追加の処方(処方3)が行われた。

 

(処方1)

オルベスコ100μgインヘラー56吸入用(1) 1本 12吸入 11回 朝 吸入

1:シクレソニドを含有する加圧式定量噴霧吸入器(pMDI)1吸入でシクレソニドとして100μgを吸入できる。

 

(処方2)

セレベント50μgディスカス(2) 1本 1l吸入 12回 朝就寝前 吸入

2:サルメテロールキシナホ酸塩を含有するドライパウダー吸入器(DPI)1吸入でサルメテロールとして50μgを吸入できる。

 

(処方3)

スピリーバ2.5μgレスピマット60吸入(3) 1本 12吸入 11回 朝 吸入

3:チオトロピウム臭化物水和物を含有する吸入用器具。1吸入でチオトロピウムとして2.5μgを吸入できる。

 

290

 

吸入剤の服薬指導に関する記述のうち、正しいのはどれか。2選べ。

 

1.加圧式定量噴霧吸入器は吸気と噴霧の同調が必要でないため、任意のタイミングで吸入するように説明する。

2.ドライパウダー吸入器は自己の吸気で吸入を行うため、十分な吸気力があるかを確認する。

3.吸入薬は、内服薬と同等の全身性の副作用があると伝える。

4.吸入指導を行う場合は、口頭説明だけではなく、吸入練習器具を用いて実践させることが望ましい。

5.喘息発作時にはオルベスコを使用するように伝える。

 

 

正解 (2)(4)

 

 

選択肢 1 ですが

加圧式定量噴霧吸入器(pMDI)は

息を吸うタイミングが重要になります。

 

任意のタイミングではなく

息を吸うタイミングと同調して

容器をプッシュします。

よって、選択肢 1 は誤りです。

 

 

選択肢 2 は、正しい記述です。

 

 

選択肢 3 ですが

吸入薬は局所作用を期待して用いる製剤です。

全身性の副作用のリスクは

内服薬と比較すると一般的に小さいといえます。

よって、選択肢 3 は誤りです。

 

 

選択肢 4 は、正しい記述です。

実際にやってみないとなかなかコツは

つかめないものです。

 

 

選択肢 5 ですが

発作時に使ういわゆるリリーバーは

本処方には含まれません。

オルベスコ使用は不適切です。

よって、選択肢 5 は誤りです。

 

 

以上より、正解は 2,4 です。

 

 

 

291

 

本患者の肺機能検査の結果、以下のような検査値が得られた。

また、緑内障を合併していないことを確認した。

本患者の病態及び薬物治療における注意点として、正しいのはどれか。2選べ。

 

努力肺活量(FVC) 2.72L (予測値:2.98L)1秒量(FEV1.0) 1.42L (予測値:1.86L)PaO2 75TorrPaCO2 46Torr、血液pH 7.37

 

1.可逆性の換気障害が特徴的である。

250%%FEV80%であるので、病期はⅡ期中等症である。

3.処方3の薬剤を使用するにあたって、排尿障害があるか否かを確認する必要がある。

4.感染の重症化を防ぐため、インフルエンザワクチン及び肺炎球菌ワクチンを年1回、接種するように指導する。

5.在宅酸素療法の適応となる。

 

 

正解 (2)(3)

 

選択肢 1 ですが

COPD による閉塞性換気障害は

ゆっくりとかつ非可逆的に進行することが

知られています。

よって、選択肢 1 は誤りです。

 

 

選択肢 2,3 は、正しい記述です。

 

FEV

予測値に対する実測値の割合です。

(本問では、1.42/1.86 のこと)

< 30% が極めて高度の気流障害です。   

 

また、チオトロピウムは抗コリン薬なので

排尿障害の確認を必要とします。

 

 

選択肢 4 ですが

インフルエンザワクチン及び

肺炎球菌ワクチンが、感染の重篤化を防ぐため

推奨されるのは、正しい記述です。

 

ただし、肺炎球菌ワクチンは

いったん接種すると

「5年間」効果が持続します。

 

従って

肺炎球菌ワクチンを年 1

接種するよう指導する

というのが誤りです。

 

※インフルエンザワクチンは

年1回接種が推奨されます。

 

 

選択肢 5 ですが

本試験時

PaO2 75はまだ適応外です。

PaO2 60 以下から適応があり得ます。

よって、選択肢 5 は誤りです。

 

 

以上より、正解は 2,3 です。

 



前の問題・・問題に戻る・・次の問題

 

前の解説・・目次に戻る・・次の解説