国試103回 解説292,293



292293

 

28歳女性。1ヶ月ぐらい前から動悸、手指の震えがあり、発汗が多くならたため近医を受診したところ、バセドウ病と診断され下記の薬剤が処方された。

 

(処方)

プロピルチオウラシル錠50mg 12(16) 13回 朝昼夕食後 28日分

 

292

 

患者への説明として適切なのはどれか。2選べ。

(※ この問題には正解の選択肢が3つあるため、そのうち2つを選べば正解となりました。)

 

1.催奇形性の報告があるので、薬剤服用中は妊娠を避けるよう説明する。

2.甲状腺ホルモンの分泌を抑える薬であると説明する。

3.規則的に数ヶ月間服用し、症状が改善したら減薬できると説明する。

4.海藻類を積極的に摂取するよう説明する。

5.定期的な血液検査の必要性を説明する。

 

 

正解 (2)(3)(5)

 

プロピルチオウラシルは

ペルオキシダーゼ阻害薬です。

 

甲状腺ホルモンの

合成と分泌を抑制します。

 

検査値を見ながら

用量を変化させていきます。

 

副作用が多く知られており

定期的血液検査が必要となります。

 

 

以上より

正しい選択肢は 2,3,5 です。

 

 

 

293

 

服薬を開始して2週間後に38.5の発熱と強い咽頭痛を認めたため受診した。

血液検査では、赤血球数390×104μL、ヘモグロビン12.2g/dL、白血球数1,000/μL、好中球数350/μL、血小板数44×104μLCRP6.7mg/dLであった。

本症例の今後の薬物治療として適切なのはどれか。1つ選べ。

 

1.処方薬6/日を継続しながら抗菌薬を追加投与する。

2.処方薬を3/日に減量して、抗菌薬を追加投与する。

3.処方薬を一旦中止して、発熱が消失した後に再開する。

4.処方薬をチアマゾール錠に変更する。

5.処方薬を中止する。

 

 

正解 (5)

 

好中球数 350/μL とあり

500/μL 以下なので、無顆粒球症です。

 

薬物治療を即座に中止します。

以降の治療は薬物治療以外の方法である

アイソトープ治療や外科的治療へと移行します。

 

よって、正解は 5 です。


追加したガジェットは無効です