国試103回 解説292~297



292293

 

28歳女性。1ヶ月ぐらい前から動悸、手指の震えがあり、発汗が多くならたため近医を受診したところ、バセドウ病と診断され下記の薬剤が処方された。

 

(処方)

プロピルチオウラシル錠50mg 12(16) 13回 朝昼夕食後 28日分

 

292

 

患者への説明として適切なのはどれか。2選べ。

(※ この問題には正解の選択肢が3つあるため、そのうち2つを選べば正解となりました。)

 

1.催奇形性の報告があるので、薬剤服用中は妊娠を避けるよう説明する。

2.甲状腺ホルモンの分泌を抑える薬であると説明する。

3.規則的に数ヶ月間服用し、症状が改善したら減薬できると説明する。

4.海藻類を積極的に摂取するよう説明する。

5.定期的な血液検査の必要性を説明する。

 

 

正解 (2)(3)(5)

 

プロピルチオウラシルは

ペルオキシダーゼ阻害薬です。

 

甲状腺ホルモンの

合成と分泌を抑制します。

 

検査値を見ながら

用量を変化させていきます。

 

副作用が多く知られており

定期的血液検査が必要となります。

 

 

以上より

正しい選択肢は 2,3,5 です。

 

 

 

293

 

服薬を開始して2週間後に38.5の発熱と強い咽頭痛を認めたため受診した。

血液検査では、赤血球数390×104μL、ヘモグロビン12.2g/dL、白血球数1,000/μL、好中球数350/μL、血小板数44×104μLCRP6.7mg/dLであった。

本症例の今後の薬物治療として適切なのはどれか。1つ選べ。

 

1.処方薬6/日を継続しながら抗菌薬を追加投与する。

2.処方薬を3/日に減量して、抗菌薬を追加投与する。

3.処方薬を一旦中止して、発熱が消失した後に再開する。

4.処方薬をチアマゾール錠に変更する。

5.処方薬を中止する。

 

 

正解 (5)

 

好中球数 350/μL とあり

500/μL 以下なので、無顆粒球症です。

 

薬物治療を即座に中止します。

以降の治療は薬物治療以外の方法である

アイソトープ治療や外科的治療へと移行します。

 

よって、正解は 5 です。

 


 

294295

 

26歳男性。統合失調症の診断を受け、ハロペリドールを処方されていた。

手の震え、体のこわばりやアカシジア(静座不能)などの副作用の出現により服薬を自己中断するため、入退院を繰り返している。

3ヶ月前から以下の処方に変更となった。

 

(処方)

オランザピン錠10mg 11(11) 11回 就寝前 7日分

 

3ヶ月前の検査データ:体重 68kg、空腹時血糖 110mg/dLLDLC(低密度リポタンパク質コレステロール) 130mg/dLHDLC(高密度リポタンパク質コレステロール) 47mg/dLTG(トリグリセリド) 120mg/dL

 

現在、患者の精神状態は安定しているが、食欲が亢進し、栄養指導しても過食になることが多い。

 

現在の検査データ:体重 76kg、空腹時血糖 110mg/dLLDLC 138mg/dLHDLC 42mg/dLTG 150mg/dL

 

服薬指導の際に、患者から「体重増加は困るので、薬を変えて欲しい」との訴えがあった。

 

294

 

この患者の病態及び治療に関する記述のうち、正しいのはどれか。1つ選べ。

 

1.オランザピンの服用により糖尿病を発症している。

2.錐体外路症状は、漏斗下垂体のドパミン神経の過剰興奮によって起こる。

3.オランザピンはハロペリドールよりも錐体外路症状を起こしにくい。

4.オランザピンによる悪性症候群の発症はない。

5.体重増加はオランザピンに特徴的な副作用であり、他の抗精神病薬では認めない。

 

 

正解 (3)

 

294 について

選択肢 1 ですが

空腹時血糖が 126mg/dL 以上ではないため

本試験時の基準に照らした時に

糖尿病の発症とはいえません。

よって、選択肢 1 は誤りです。

 

 

選択肢 2 ですが

錐体外路症状は

ドパミン神経の「抑制」により

引き起こされます。

 

また

「黒質線条体系」です。

漏斗下垂体ではありません。

 

よって、選択肢 2 は誤りです。

 

 

選択肢 3 は、正しい記述です。

 

 

選択肢 4,5 ですが

「ない」といいきれず誤りと

いえるだろうと判断して

よい選択肢だと考えられます。

 

重大な副作用として

悪性症候群は

添付文書に記載があります。

 

また、体重増加は

クロザピン、クエチアピン

クロルプロマジンなどでも

認められることがあります。

 

ちなみに

アリピプラゾール

抗精神病薬の中では

体重増加が起きにくい薬として

知られています。

以上より

294 の正解は 3 です。

 

 

 

295

 

薬剤師が患者の訴えを医師に伝えたところ、代替薬を検討することになった。

副作用発現の観点から推奨できる薬物として、最も適切なのはどれか。1つ選べ。

 

1.クロルプロマジン塩酸塩

2.クロザピン

3.クエチアピンフマル酸塩

4.スルピリド

5.アリピプラゾール

 

 

正解 (5)

 

前問選択肢 5 の解説より

正解は 5 です。

 


 

296297

 

56歳男性。以下の処方箋を持って薬局を訪れた。

足裏と足側面にかゆみ、水疱、皮膚の剥離などの症状が出現し、皮膚科外来を受診したとのことであった。

 

(処方)

ラノコナゾールクリーム1% 10g 6本 1回適量 11回 塗布

 

296

 

この外用剤を使用する際に伝えるべき注意点として、適切なのはどれか。2選べ。

 

1.症状の改善が認められたら、徐々に塗布回数を減らす。

2.アキレス腱周囲ぐらいまで広めに塗布する。

3.患部は保湿に心がける。

4.塗布した状態で日光にあたらない。

5.塗布部位に発赤などが生じたら、使用を中止する。

 

 

正解 (2)(5)

 

選択肢 1 ですが

症状の改善後も、再発予防のために

医師から中止指示があるまで

使用を継続することが肝要です。

徐々に塗布回数を減らすのは

適切ではありません。

 

 

選択肢 2 は、正しい記述です。

症状がある部分だけではなく

周囲まで菌は生息しています。

広めの塗布を指示します。

 

 

選択肢 3 ですが

保湿の有無は

乾燥の程度等を総合的にふまえて

医師が判断します。

 

本問の与えられた情報では

判断できず、保湿の推奨が適切とはいえません。

 

 

選択肢 4 ですが

日光にあたっても問題ありません。

日光にあたらないでと指示するのは

適切ではありません。

 

 

選択肢 5 は、正しい記述です。

副作用の初期症状と考えられるため

中止が適切です。

 

 

以上より

296 の正解は 2,5 です。

 

 

 

297

 

この患者の病態と処方薬に関する記述のうち、誤っているのはどれか。2選べ。

 

1.この患者は皮膚真菌症に罹患している。

2.症状と発症部位から足カンジダ症の可能性が高い。

3.深在性真菌症にも有効である。

4.患部のびらん症状がひどくなった場合には、内服療法へ切り替える。

5.病変部位を採取し直接鏡検を行い、治癒を確認する。

 

 

正解 (2)(3)

 

選択肢 1 は、正しい記述です。

皮膚症状があり

かつ、ラノコナゾールは

アゾール系の中でもイミダゾール系

抗真菌薬です。

 

 

選択肢 2 ですが

症状及び発生部位から考えると

いわゆる水虫の可能性が高いと

思われます。

 

足カンジダ症を

除外できるわけではないのですが

症状と発症部位 のみから

足カンジダ症の可能性が高い というのは

言い過ぎと考えられます。

よって、選択肢 2 は誤りです。

 

 

選択肢 3 ですが

「深在性」という字面からは

つい「皮膚の深部」を連想してしまうかも

しれません。

 

しかし、深在性真菌症とは

肺、肝臓といった臓器に

真菌が感染していることを示しています。

 

従って

深在性真菌症に対しては

外用薬では効果は見られません。

よって、選択肢 3 は誤りです。

 

 

選択肢 4,5 は、正しい記述です。

 

 

以上より、問297 の正解は 2,3 です。

 



前の問題・・問題に戻る・・次の問題

 

前の解説・・目次に戻る・・次の解説