国試103回 解説294,295



294295

 

26歳男性。統合失調症の診断を受け、ハロペリドールを処方されていた。

手の震え、体のこわばりやアカシジア(静座不能)などの副作用の出現により服薬を自己中断するため、入退院を繰り返している。

3ヶ月前から以下の処方に変更となった。

 

(処方)

オランザピン錠10mg 11(11) 11回 就寝前 7日分

 

3ヶ月前の検査データ:体重 68kg、空腹時血糖 110mg/dLLDLC(低密度リポタンパク質コレステロール) 130mg/dLHDLC(高密度リポタンパク質コレステロール) 47mg/dLTG(トリグリセリド) 120mg/dL

 

現在、患者の精神状態は安定しているが、食欲が亢進し、栄養指導しても過食になることが多い。

 

現在の検査データ:体重 76kg、空腹時血糖 110mg/dLLDLC 138mg/dLHDLC 42mg/dLTG 150mg/dL

 

服薬指導の際に、患者から「体重増加は困るので、薬を変えて欲しい」との訴えがあった。

 

294

 

この患者の病態及び治療に関する記述のうち、正しいのはどれか。1つ選べ。

 

1.オランザピンの服用により糖尿病を発症している。

2.錐体外路症状は、漏斗下垂体のドパミン神経の過剰興奮によって起こる。

3.オランザピンはハロペリドールよりも錐体外路症状を起こしにくい。

4.オランザピンによる悪性症候群の発症はない。

5.体重増加はオランザピンに特徴的な副作用であり、他の抗精神病薬では認めない。

 

 

正解 (3)

 

294 について

選択肢 1 ですが

空腹時血糖が 126mg/dL 以上ではないため

本試験時の基準に照らした時に

糖尿病の発症とはいえません。

よって、選択肢 1 は誤りです。

 

 

選択肢 2 ですが

錐体外路症状は

ドパミン神経の「抑制」により

引き起こされます。

 

また

「黒質線条体系」です。

漏斗下垂体ではありません。

 

よって、選択肢 2 は誤りです。

 

 

選択肢 3 は、正しい記述です。

 

 

選択肢 4,5 ですが

「ない」といいきれず誤りと

いえるだろうと判断して

よい選択肢だと考えられます。

 

重大な副作用として

悪性症候群は

添付文書に記載があります。

 

また、体重増加は

クロザピン、クエチアピン

クロルプロマジンなどでも

認められることがあります。

 

ちなみに

アリピプラゾール

抗精神病薬の中では

体重増加が起きにくい薬として

知られています。

以上より

294 の正解は 3 です。

 

 

 

295

 

薬剤師が患者の訴えを医師に伝えたところ、代替薬を検討することになった。

副作用発現の観点から推奨できる薬物として、最も適切なのはどれか。1つ選べ。

 

1.クロルプロマジン塩酸塩

2.クロザピン

3.クエチアピンフマル酸塩

4.スルピリド

5.アリピプラゾール

 

 

正解 (5)

 

前問選択肢 5 の解説より

正解は 5 です。


追加したガジェットは無効です