国試103回 解説296,297



296297

 

56歳男性。以下の処方箋を持って薬局を訪れた。

足裏と足側面にかゆみ、水疱、皮膚の剥離などの症状が出現し、皮膚科外来を受診したとのことであった。

 

(処方)

ラノコナゾールクリーム1% 10g 6本 1回適量 11回 塗布

 

296

 

この外用剤を使用する際に伝えるべき注意点として、適切なのはどれか。2選べ。

 

1.症状の改善が認められたら、徐々に塗布回数を減らす。

2.アキレス腱周囲ぐらいまで広めに塗布する。

3.患部は保湿に心がける。

4.塗布した状態で日光にあたらない。

5.塗布部位に発赤などが生じたら、使用を中止する。

 

 

正解 (2)(5)

 

選択肢 1 ですが

症状の改善後も、再発予防のために

医師から中止指示があるまで

使用を継続することが肝要です。

徐々に塗布回数を減らすのは

適切ではありません。

 

 

選択肢 2 は、正しい記述です。

症状がある部分だけではなく

周囲まで菌は生息しています。

広めの塗布を指示します。

 

 

選択肢 3 ですが

保湿の有無は

乾燥の程度等を総合的にふまえて

医師が判断します。

 

本問の与えられた情報では

判断できず、保湿の推奨が適切とはいえません。

 

 

選択肢 4 ですが

日光にあたっても問題ありません。

日光にあたらないでと指示するのは

適切ではありません。

 

 

選択肢 5 は、正しい記述です。

副作用の初期症状と考えられるため

中止が適切です。

 

 

以上より

296 の正解は 2,5 です。

 

 

 

297

 

この患者の病態と処方薬に関する記述のうち、誤っているのはどれか。2選べ。

 

1.この患者は皮膚真菌症に罹患している。

2.症状と発症部位から足カンジダ症の可能性が高い。

3.深在性真菌症にも有効である。

4.患部のびらん症状がひどくなった場合には、内服療法へ切り替える。

5.病変部位を採取し直接鏡検を行い、治癒を確認する。

 

 

正解 (2)(3)

 

選択肢 1 は、正しい記述です。

皮膚症状があり

かつ、ラノコナゾールは

アゾール系の中でもイミダゾール系

抗真菌薬です。

 

 

選択肢 2 ですが

症状及び発生部位から考えると

いわゆる水虫の可能性が高いと

思われます。

 

足カンジダ症を

除外できるわけではないのですが

症状と発症部位 のみから

足カンジダ症の可能性が高い というのは

言い過ぎと考えられます。

よって、選択肢 2 は誤りです。

 

 

選択肢 3 ですが

「深在性」という字面からは

つい「皮膚の深部」を連想してしまうかも

しれません。

 

しかし、深在性真菌症とは

肺、肝臓といった臓器に

真菌が感染していることを示しています。

 

従って

深在性真菌症に対しては

外用薬では効果は見られません。

よって、選択肢 3 は誤りです。

 

 

選択肢 4,5 は、正しい記述です。

 

 

以上より、問297 の正解は 2,3 です。


追加したガジェットは無効です