国試103回 解説300,301



300301

 

70歳女性。3日前から全身倦怠感、前日から38台の発熱があった。

起床時に立ち上がることができなかったため、救急搬送された。

 

搬送時の検査データ:意識 やや混濁、血圧 82/56mmHg、心拍数 105bpm、呼吸数 23/min、酸素飽和度93%、体温 38.6、左肋骨脊柱角に叩打痛あり、白血球数 16,500/μLCRP 20.8mg/dLBUN 41.5mg/dLCr 2.3mg/dL

 

尿のグラム染色では、大腸菌を疑わせるグラム陰性桿菌を多数認めた。

救急外来でブドウ糖加乳酸リンゲル液の点滴を行ったところ、意識状態、血圧、心拍数に改善が認められた。

この時点で、抗菌薬を投与することとなった。

 

300

 

薬剤師が推奨すべき抗菌薬として、最も適切なのはどれか。1つ選べ。

 

1.ベンジルペニシリンカリウム

2.セフトリアキソンナトリウム

3.ダプトマイシン

4.エリスロマイシンラクトビオン酸塩

5.リネゾリド

 

 

正解 (2)

 

選択肢 1 ですが

ペニシリン系は

大腸菌を代表例とした

グラム陰性桿菌には無効です。

よって、推奨すべきではないと考えられます。

 

選択肢 3,5 ですが

これらはMRSAといった耐性菌に用いられる

抗菌薬です。

推奨すべき根拠がありません。

よって、これらの選択肢は誤りと考えられます。

 

 

選択肢 4 ですが

エリスロマイシンは

適応菌種に大腸菌は含まれません。

よって、推奨すべきではないと考えられます。

 

 

以上より、正解は 2 です。

セフェム系抗生物質です。

適切と考えられます。

 

 

 

301

 

本患者は敗血症と診断された。

本患者の病態及び薬物治療に関する記述のうち、正しいのはどれか。2選べ。

 

1.敗血症では白血球が減少することはない。

2.敗血症は、症状と血液検査で疑い、血液培養を行い、病因診断を行う。

3.患者の治療を優先するために、抗菌薬投与後に血液培養を行う。

4.発熱は十分な輸液により改善する。

5.治療後には腎機能の改善を認める。

 

 

正解 (2)(5)

 

選択肢 1 ですが

診断基準の一つが

WBC > 12000 or <4000 です。

従って、減少することがないというのは

明らかに誤りです。

 

 

選択肢 2 は、正しい記述です。

 

 

選択肢 3 ですが

抗菌薬投与後に血液培養を行ってしまうと

菌の検出可能性が減少してしまいます。

本問症例では、輸液で状況が改善していることも

ふまえて考えると、不適切であると考えられます。

 

 

選択肢 4 ですが

少なくとも十分な輸液をすれば

必ず改善する とはいえないだろうと

考えることで、誤りと判断できます。

 

 

選択肢 5 は、正しい記述です。

急性の腎不全は可逆的機能不全です。

 

 

以上より、正解は 2,5 です。


追加したガジェットは無効です