国試103回 解説31~35



31

 

全身麻酔の導入時に、前投与薬(麻酔前投薬)として使用されない薬物はどれか。1つ選べ。

 

1.ベクロニウム

2.ジアゼパム

3.レミフェンタニル

4.ピロカルピン

5.ドロペリドール

 

 

正解 (4)

 

麻酔前投薬とは

全身麻酔の導入、維持を円滑にし

麻酔薬や手術による副作用を軽減する目的で

投与される薬物のことです。

 

口腔、気道内分泌抑制のために

抗コリン作動薬

 

不安軽減等のため

トランキライザー、鎮静薬等が用いられます。

 

 

選択肢 4 のピロカルピンは

点眼に用いられる薬物です。

また、内服では口腔乾燥改善薬として

用いられます。

麻酔前投薬としては使用されません。

 

よって、正解は 4 です。

 


 

32

 

TCa2チャネルを遮断することで抗てんかん作用を示すのはどれか。1つ選べ。

 

1.カルバマゼピン

2.レベチラセタム

3.ガバペンチン

4.フェニトイン

5.エトスクシミド

 

 

正解 (5)

 

選択肢 1,4 ですが

カルバマゼピン 及び フェニトインは

Na+チャネル遮断を通じて抗てんかん作用を示します。

T Ca2+ チャネル遮断ではありません。

よって、選択肢 1,4 は誤りです。

 

 

選択肢 2 ですが

レベチラセタム(®イーケプラ)は

神経終末のシナプス小胞

たん白質2ASV2A)との結合等を介して

作用を示すと考えられています。

 

T Ca2+ チャネル遮断ではありません。

よって、選択肢 2 は誤りです。

 

 

選択肢 3 ですが

ガバペンチンは

2つの作用機序により効果を発現します。

Ca チャネル α2σ リガンドとしての作用と

GABA トランスポーター活性化です。

 

T Ca2+ チャネル遮断ではありません。

よって、選択肢 3 は誤りです。

 

 

選択肢 5 は、正しい記述です。

 

 

以上より、正解は 5 です。

 


 

33

 

セロトニン5HT1A受容体を選択的に刺激することで抗不安作用を示すのはどれか。1つ選べ。

 

1.ジアゼパム

2.スマトリプタン

3.タンドスピロン

4.スピペロン

5.オキサゾラム

 

 

正解 (3)

 

選択肢 1,5 ですが

ジアゼパム 及び オキサゾラムは

Bz系抗不安薬です。

 

GABAA 受容体機能を亢進し

GABA 作用を増強することで

抗不安作用を示します。

セロトニン受容体刺激ではありません。

よって、選択肢 1,5 は誤りです。

 

 

選択肢 2 ですが

スマトリプタンは

5-HT1B/1D 刺激薬です。

片頭痛緩和に用いられます。

5-HT1A 刺激薬ではありません。

よって、選択肢 2 は誤りです。

 

 

選択肢 3 は、正しい記述です。

 

 

選択肢 4 ですが

スピペロンは、D2 遮断薬です。

統合失調症治療薬の原型である

クロルプロマジンの改良薬というイメージです。

セロトニン受容体刺激ではありません。

よって、選択肢 4 は誤りです。

 

 

以上より、正解は 3 です。

 

 

類題 102-156

参考 薬理 2-1 5)

 


 

34

 

血管平滑筋細胞においてサイクリックAMP(cAMP)を増やすことで血管拡張作用を示すのはどれか。1つ選べ。

 

1.カンデサルタン

2.カルペリチド

3.ボセンタン

4.ベラプロスト

5.プラゾシン

 

 

正解 (4)

 

選択肢 1 ですが

カンデサルタンは

AT受容体遮断薬です。

血管拡張を引き起こします。

アルドステロンの分泌も、抑制します。

 

血管平滑筋細胞における

cAMP を増やす薬ではありません。

よって、選択肢 1 は誤りです。

 

 

選択肢 2 ですが

カルペリチドは

心房性ナトリウム利尿ペプチド製剤です。

 

心房性ナトリウム利尿ペプチド

ANPatrial natriuretic peptide)は

血管拡張作用及び利尿作用を持ちます。

 

カルペリチドは

遺伝子組換え ANP 製剤です。

血管及び腎臓における ANP 受容体に作用して

膜結合型グアニル酸シクラーゼを活性化します。

 

その結果細胞内 「cGMP」 が増加し

血管拡張、利尿作用が引き起こされます。

 

cAMP」 を増やす薬ではありません。

よって、選択肢 2 は誤りです。

 

 

ボセンタンは

エンドセリン(ET)受容体拮抗薬です。

 

ET 受容体には、ETA ETB という

サブタイプがあります。

 

ボセンタンは、これらの受容体に対し

非選択的に作用します。

 

血管平滑筋細胞における

cAMP を増やす薬ではありません。

よって、選択肢 3 は誤りです。

 

 

 

選択肢 4 は、正しい記述です。

 

 

選択肢 5 ですが

プラゾシンは

α選択的遮断薬です。

前立腺肥大に伴う排尿障害等に用いられます。

 

血管平滑筋細胞における

cAMP を増やす薬ではありません。

よって、選択肢 5 は誤りです。

 

 

以上より、正解は 4 です。

 

 

類題 99-157

参考 薬理2-4 2)

 


 

35

 

バソプレシンV2受容体を遮断する利尿薬はどれか。1つ選べ。

 

1.スピロノラクトン

2.ヒドロクロロチアジド

3.アゾセミド

4.トリアムテレン

5.トルバプタン

 

 

正解 (5)

 

選択肢 1 ですが

スピロノラクトンは

K 保持性利尿薬です。

 

主に遠位尿細管に作用し

アルドステロン受容体に結合することにより

Na+-K+ 交換系を抑制します。

V2 受容体遮断ではありません。

よって、選択肢 1 は誤りです。

 

 

選択肢 2 ですが

ヒドロクロロチアジドは

チアジド系利尿薬です。

 

この薬の特徴は、近位尿細管腔に分泌され

遠位尿細管前半部に作用するという点です。

Na+-Cl- 共輸送系を抑制することにより

利尿作用を示します。

V2 受容体遮断ではありません。

よって、選択肢 2 は誤りです。

 

 

選択肢 3 ですが

アゾセミドは

ループ利尿薬です。

 

ヘンレのループにおける

Na+-K+2Cl- 共輸送系を抑制する

ことにより利尿作用を示します。

V2 受容体遮断ではありません。

よって、選択肢 3 は誤りです。

 

 

 

選択肢 4 ですが

トリアムテレンは

K 保持性利尿薬です。

 

トリアムテレンは

アルドステロンが分泌されていない人に対しても

利尿効果を示すことが知られています。

 

そのため、作用機序として

抗アルドステロン作用に加えて

尿細管に対して直接作用があると考えられています。

直接作用とは

具体的には Na+チャネル遮断です。

 

V2 受容体遮断ではありません。

よって、選択肢 4 は誤りです。

 

 

選択肢 5 は、正しい記述です。

 

 

以上より、正解は 5 です。

 

 

参考 薬理 3-3 1)

類題 99-158

 


追加したガジェットは無効です


前の問題・・問題に戻る・・次の問題

 

前の解説・・目次に戻る・・次の解説