国試103回 解説314,315



314315

 

72歳男性。男性の家族が処方箋を持って薬局を訪れた。

薬を取りそろえる前に薬剤師が家族に服薬状況を確認したところ、錠剤やカプセル剤のような固形物の服用が難しいことが判明した。

処方箋はすべて一般名処方であり、患者の希望があるので後発医薬品での調剤が可能である。

 

(処方1)

グリメピリド錠1mg 11(11) 朝食後 14日分

 

(処方2)

ボグリボース錠0.2mg 11(13) 13回 朝昼夕食直前 14日分

 

(処方3)

アトルバスタチン錠5mg 11(11) 11回 夕食後 14日分

 

314

 

薬剤師は処方医に疑義照会を行い、対応策を提案することにした。

この患者の特性に合わせた対応策として、適切なのはどれか。2選べ。

 

1.一包化

2.錠剤の粉砕

3.処方薬剤数の削減

4.口腔内崩壊錠への変更

5.服用回数の削減

 

 

正解 (2)(4)

 

グリメピリド(アマリール)

SU

 

ボグリボース(ベイスン)

→α - GI

 

アトルバスタチン(リピトール)

HMG-CoA 還元酵素阻害薬

 

糖尿病及び高脂血症治療中です。

 

 

患者の特性とは

「固形物の服用が難しい」ということです。

 

従って

粉砕して錠剤ではなく粉にしたり

口中で溶けて水なしでも飲み込める

口腔内崩壊錠にする 

といった対応策が適切と考えられます。

 

以上より、正解は 2,4 です。

 

 

 

315

 

この調剤を行った保険薬局は、健康保険制度に基づいて調剤報酬を請求できる。

次の図は、一般的な調剤報酬の請求、審査、支払いの仕組みであり、①から⑤までは、次の用語のいずれかが当てはまる。

 

・一部負担金等の支払い

・審査済の請求書送付

・調剤報酬の支払い

・調剤報酬の請求

・保険料の支払い

 

この図において、「調剤報酬の請求」はどれか。1つ選べ。

 

 

1.①

2.②

3.③

4.④

5.⑤

 

 

正解 (3)

 

調剤報酬の請求 なので

薬局から、支払基金 又は国保連合会 

への請求となります。

従って、正解は 3 です。

 

 

参考 薬理3-5 1)


追加したガジェットは無効です