国試103回 解説326



326

 

50歳男性。28歳の時に胃の全摘出手術を受け、術後5年間は定期的に検査を受けていたが、それ以降は通院していなかった。

数週間前より疲れやすくなり、食欲も減退したことから、クリニックを受診した。受診時には皮膚蒼白であった。

血液検査の結果は以下の通りであった。

 

白血球数 6,500/μLHb 7.9g/dL、血小板数 20×104/μLMCV 140fLMCH 45pg、血清鉄 165μg/dLNa 140mEq/LK 4.0mEq/LCl 102mEq/L

 

この患者に欠乏していると考えられる栄養素として適切なのはどれか。1つ選べ。

 

1.ビタミンA

2.ビタミンB2

3.ビタミンB6

4.ビタミンB12

5.ビタミンD

 

 

正解 (4)

 

貧血の分類では

赤血球のサイズ と ヘモグロビンの量が重要です。

 

赤血球のサイズは

MCVでわかります。

 

MCV とは

平均赤血球容積

mean corpuscular volume)の略です。

Ht RBC で割った値です。

 

ちなみに

Htはヘマトクリットです。

血液中に占める赤血球の容積%です。

RBCは、赤血球数です。

 

本問の患者では

MCVが100以上なので大きいです。

 

 

ヘモグロビンの量は

10以下なので低めです。

MCHHbRBCで割った値です。

平均赤血球ヘモグロビン量です。

 

これが高いということは

悪性貧血などが疑われます。

 

 

本問患者は胃切除歴があるため

内因子不足による

ビタミンB12の吸収不足が

原因と考えられます。

欠乏している栄養素は、ビタミン B12 です。

 

 

以上より正解は 4 です。


追加したガジェットは無効です