国試103回 解説327



327

 

26歳男性。1日数回の下痢を繰り返し、また、血便が出ていたので近医を受診した。

検査の結果、潰瘍性大腸炎と診断され、メサラジン錠を用いた治療を開始した。

2年後、出血性下痢の増加と腹痛を認めるようになり、薬物はメサラジン錠とプレドニゾロン錠の併用に変更になった。

この患者の病態と薬学的管理について適切でないのはどれか。2選べ。

 

1.服用困難な場合には、メサラジン錠を粉砕する。

2.感染症にかかりやすい。

3.メサラジンの副作用として、消化器症状に気をつける。

4.定期的に大腸癌の検査を受ける。

5.メサラジン錠服用により、潰瘍性大腸炎の完治が期待できる。

 

 

正解 (1)(5)

 

潰瘍性大腸炎は

慢性の炎症性疾患の一つです。

抗炎症薬などを用いて

寛解状態を維持し、再発を予防するという

治療戦略がとられます。

 

 

メサラジンは

5-アミノサリチル酸です。

サラゾスルファピリジンの副作用が

出ないように改良された薬です。

 

胃で溶けず、腸で有効成分が

放出されるような製剤となっています。

従って、粉砕は不可です。

 

 

以上より、正解は、1,5 です。

 

 

選択肢 2 ですが

プレドニゾロン使用により

易感染性となります。

手洗い、うがいなどを励行します。

 

 

選択肢 3 ですが

胃もたれ、下痢等の症状が

副作用として出ることがあります。

 

 

選択肢 4 ですが

潰瘍性大腸炎は発症して長期間たつと

大腸がんのリスクが高くなることが知られています。

早期発見のため、定期的に検査を受けることが

求められます。


追加したガジェットは無効です