国試103回 解説329



329

 

58歳男性。CD20陽性のびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫と診断され、RCHOP療法による治療が行われることになり、薬剤師は以下の処方を確認した。

 

 

1コース期間:3週間

総コース数:68コース

d-クロルフェニラミンマレイン酸塩錠2mg 1錠 及び イブプロフェン錠200mg 1錠を服用する。

 

担当医師に提案すべき内容として、適切なのはどれか。2選べ。

 

1.リツキシマブの点滴速度は少しずつ上げていく。

2.グラニセトロンは、リツキシマブの後に投与する。

3.ドキソルビシン塩酸塩の点滴速度は少しずつ上げていく。

4d-クロルフェニラミンマレイン酸塩とイブプロフェンは、リツキシマブの投与開始30分前に投与する。

 

 

正解 (1)(4)

 

選択肢 1 は、正しい記述です。

リツキシマブの初回投与時は

患者の状態をよく観察しつつ

50mg/時 から 徐々に速度を上げていきます。

 

 

選択肢 2 ですが

グラニセトロンは

5-HT3受容体拮抗型制吐剤です。

リツキシマブの副作用としての嘔吐に対して

支持療法の一環として用いられます。

 

予防的投与として

リツキシマブに対して「前投与」を行います。

後ではありません。

よって、選択肢 2 は誤りです。

 

 

選択肢 3 ですが

ドキソルビシンの点滴速度は

徐々に上げる必要はありません。

 

 

選択肢 4 は、正しい記述です。

 

d - クロルフェニラミンマレイン酸塩

及びイブプロフェンは、それぞれ

インフュージョンリアクションによる

アレルギー様症状、発熱・炎症予防に

用いられます。

 

 

以上より、正解は 1,4 です。


追加したガジェットは無効です