国試103回 解説331



331

 

細菌、真菌、ウイルス感染の拡大防止に用いるため、次亜塩素酸ナトリウム濃度6%の消毒薬を購入した。

0.02%(200ppm)次亜塩素酸ナトリウム消毒液1Lを調製する方法として正しいのはどれか。1つ選べ。

 

1.消毒薬の原液100mLに水を加え全量を1Lとし、この液100mLを採取し、これに水を加えて全量1Lとする。

2.消毒薬の原液5mLに水を加え全量を150mLとし、この液100mLを採取し、これに水を加えて全量1Lとする。

3.消毒薬の原液10mLに水を加え全量を500mLとし、この液100mLを採取し、これに水を加えて全量1Lとする。

4.消毒薬の原液50mLに水を加え全量を500mLとし、この液10mLを採取し、これに水を加えて全量1Lとする。

5.消毒薬の原液10mLに水を加え全量を1.5Lとし、この液50mLを採取し、これに水を加えて全量1Lとする。

 

 

正解 (2)

 

1 L = 1000g です。

0.02 % の消毒液1L中には

次亜塩素酸ナトリウムが

1000 × 2/10000

= 2000/10000 → 0.2 g あればOKです。

 

 

選択肢 1 ですが

1-1:【原液に水を加え1Lにする】

原液は 6% なので

原液100mL 中には、次亜塩素酸ナトリウムが 6g 入っています

これに水を加えて、全量を1Lにしても

中に入っている次亜塩素酸ナトリウムの量は変わりません。

すなわち、全量 1L 中に、次亜塩素酸ナトリウムは 6g 入っています。


1-2:【1Lから100mL を採取する】

全量1Lのうち、100mL 採取しているので

100 mL 採取した中に次亜塩素酸ナトリウムは 0.6g 入っています。


1-3【採取した100mL に水を加えて1Lにする】

これに水を加えても

中に入っている次亜塩素酸ナトリウムの量は

やはり変わらないため

全量1L中に、次亜塩素酸ナトリウムが 0.6g 入った溶液となります。

濃度は 0.06% となります。 


よって、選択肢 1 は誤りです。



以下、同様に考えると

選択肢 2 は、正しい記述です。

原液 5mL →0.3g

150 mL にして、100mL とるから 0.2g OK

 

 

選択肢 3 ですが

原液 10mL → 0.6g

500 mL にして、 100mL とるから 0.12g です。

0.2g になりません。

よって、選択肢 3 は誤りです。

 

 

 

選択肢 4 ですが

原液 50mL → 3g

500 mL にして、 10mL とるから 0.06g です。

よって、選択肢 4 は誤りです。

 

 

選択肢 5 ですが

原液 10mL → 0.6g

1.5 L = 1500 mL にして、 50 mL とるので

0.02g です。

よって、選択肢 5 は誤りです。

 

 

以上より、正解は 2 です。