国試103回 解説332



332

 

注射液A(pH3.42mL/アンプル)、注射液B(pH8.62mL/アンプル)及び注射液C(pH9.110mL/アンプル)をシリンジ内で混合する。

 

 

薬剤師は各注射液のpH変動スケール(上図)に基づいて薬剤の調製を検討した。

混合の可否及び順序として最も適切なのはどれか。1つ選べ。

 

1.どの順序でも白濁するので混合できない。

2ABを混合した後、Cを混合する。

3ACを混合した後、Bを混合する。

4BCを混合した後、Aを混合する。

5.どの順序でも混合できる。

 

 

正解 (4)

 

pH スケールから

 pH 4.6 以下で白濁することが

読み取れます。

 

 

ACの中で

pH が低いのは A です。

従って、初めに A  B を混ぜると

pH  3.4 ~ 8.6 の間になるはずなので

この順番を避けます。

 

 

BCが比較的 pH が近いので

先に混ぜるとよいと考えられます。

これにより

全量も多くなるので(2+10 = 12mL

A 2mL を入れても、pH 変動を抑えることができます。

 

 

ちなみに

ACを先に混ぜて

後でBという混合も考えられます。

 

ただ、Aがアルカリ側に変動しやすいことが

pH スケールから読み取れます。

 

注射剤の pH 

溶液が安定する値に調節されており

できるだけ変動しないようにするため

BCを先に混ぜる方がより適切と考えられます。

 

 

以上より、正解は 4 です。


追加したガジェットは無効です